美容液って本当に必要?その種類に選び方、使う順番、エッセンスとセラム、アンプルの違いについても

今の普通のスキンケアに美容液を加えてみたい、でも、種類が多すぎてどれを選んでいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?

またなかには、そもそも美容液は必要なの?と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、そんな美容液の種類やそれぞれの特徴や効果の違い、使用方法や順番、

さらに、似ているエッセンスやセラム、アンプルの違いなどについても詳しくご紹介してみたいと思います。

ぜひ、失敗しない美容液選び、本当に肌に合った美容液選びにお役立てください。

1.美容液とは?

美容液を手のひらに取る様子

美容液自体に明確な定義というのはありませんが、

一般的には、保湿成分や美容成分が高濃度に配合された化粧品のことをいいます。

そして、化粧水や乳液などと比べてもその配合量は多く、

また、水溶性の成分のみが配合されているものもあれば、水溶性、油溶性の成分が両方配合されているものもあります。

さらに、そのテクスチャは化粧水よりもとろみのあるテクスチャとなっており、

乳液やクリームと比べて油溶性の成分が少ないため、乳液やクリームと比べるとサラッとしたテクスチャとなっています。

そのため使用する際には、一般的には、化粧水と乳液やクリームの間に使用するものが多くなっています。

2.美容液は必要?

美容液を使用するか迷う女性

●美容液は不足を補うもの、今のケアで問題なければ必要ない?

美容液というのは、先のとおりに、化粧水や乳液などと比べても、有効成分が高濃度に配合されているため、

化粧水や乳液、クリーム、あるいはゲルなどだけでは不足してしまう機能を補うことができるようになっています。

ですから例えば、毎日の化粧水や乳液、クリームのスキンケアをしていて、

それだけで肌がきちんと保湿でき、乾燥することなく、肌が健康的な状態を保つことができているのであれば、特別美容液は必要ないといえるでしょう。

特に普通肌の方で、通常のスキンケアだけで健康的な肌を維持できているという方は、美容液は必要ないといえるでしょう。

●今のケアで足りなければ、肌悩みに合わせて使用する

一方で、例えば年齢肌の方で通常のスキンケアだけでは、たるみやしわの改善ができないといった方であれば、エイジングケア系の美容液を取り入れるのが効果的であるといえますし、

乾燥肌で化粧水や乳液だけでは乾燥してしまう場合には保湿系の美容液を、

また美容液は部分的にも使用できるので、毛穴が目立つ部分、ニキビがある部分、シミが目立つ部分にだけ使用するといった方法も効果的といえます。

3.美容液の種類は?

美容液と一口に言っても、今では様々な種類のものがあります。

その種類として例えば、

●保湿美容液

保湿美容液

保湿美容液はその名の通り、保湿を目的とした美容液であり、化粧水よりも高い保湿力を誇るものが多くなっています。

配合されている成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、エラスチン、リピジュアなど、保湿力の高い成分が多く、

その配合量も高濃度のものが多くなっています。

顔全体に使用するものもあれば、乾燥が気になる箇所にのみ部分的に使用するものもあります。

●美白美容液

美白美容液

美白美容液は、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えたり、

メラニンを還元し、無色化して、シミ、そばかすを防ぐ効果が期待できる美容液となっています。

なかには、肌の新陳代謝を促して、ターンオーバーを助け、肌の透明感を高めたり、

できてしまっているシミやそばかすを目立たなく整えるものもありますが、

基本的には、シミ、そばかすを防ぐものが目的となっています。

またその配合成分としても、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、トラネキサム酸、カモミラET、ルシノールアルブチン、プラセンタエキスなどが使用されているものが多くなっています。

●エイジングケア美容液

エイジングケア美容液

エイジングケア美容液は、非常に高い保湿効果により、小じわや肌のくすみを目立たなく整えたり、

肌の新陳代謝、ターンオーバーを促進し、肌にハリを与える効果が期待できるもの、肌をリフトアップする効果が期待できるものもあり、

その主な目的は、年齢とともに現れる、たるみやシワ、くすみなどの改善を促すものとなっています。

その成分には、例えば、プラセンタエキスや成長因子と呼ばれるEGF、FGF、コエンザイムQ10やフラーレン

アスタキサンチンやビタミンC、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンといった有効成分が配合されているものが多くなっています。

●ニキビ用美容液

ニキビ用美容液

ニキビ用美容液は、過剰な皮脂を抑えたり、殺菌や抗菌をしてニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を抑えたり、

また、抗炎症効果によりニキビの炎症を鎮めることを目的とした美容液です。

他にも、ターンオーバーを促進するものもあり、ニキビの治癒を早めたり、

ニキビ跡の凹凸や色素沈着を改善するといった効果が期待できるものもあります。

そしてその成分としては、例えば、ビタミンC誘導体やグリチルリチン酸ジカリウム、サリチル酸などが配合されているものが多く、

また、乾燥もニキビの原因になることから、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンといった保湿成分が配合されいてるものも多くなっています。

●毛穴用美容液

毛穴用美容液

毛穴用美容液は、毛穴で過剰に皮脂が分泌されるのを抑えて、毛穴に皮脂が詰まりにくく整えたり、

肌の新陳代謝を促して、皮脂の排出を促したりする効果が期待できるものも多く、

そのことで、毛穴の黒ずみや角栓、ざらつきなどを改善したり、毛穴を引き締めて、毛穴の開きを目立たなく整えたりする効果が期待できる美容液です。

また、高い収れん効果により毛穴を引き締めるものも多く、開いた毛穴を目立たなく整えたり、

他にも、高い保湿効果によって、肌の潤いが保たれることで、毛穴を内側からふっくらと押し上げ、毛穴の開き、特に、肌のたるみによって生じる「たるみ毛穴」を改善してくれる美容液もあります。

またその成分としては、ビタミンC誘導体やレチノイン酸(ビタミンA酸)、アーティチョーク葉エキス、ハマメリスエキス プラセンタエキスなどが配合されているものが多くなっているようです。

●目元、口元用美容液

目元、口元用美容液

目元、口元用美容液は、その名の通り、目元や口元にピンポイントに使用する美容液であり、

それらには、有効成分が通常の美容液よりもさらに高濃度に配合されているものも多く、

高い保湿効果に、肌の新陳代謝、ターンオーバーを促進するもの、さらに、表情筋へと働きかけて、こわばった状態を緩和させるという効果が期待できるものもあります。

そのことで、特に、年齢が出やすい目元や口元の小じわの改善、ほうれい線の改善、

たるみや乾燥を改善し、若々しい目元、口元へとサポートするという効果が期待できるようになっています。

その成分としても、例えば、シワ改善に大きな効果が期待されるレチノールやアルジルリン、

シンエイクやプラセンタ、ナイアシンアミド、コエンザイムQ10、フラーレンといったものが配合されています。

●オイル美容液

オイル美容液

オイル美容液はその成分の多くが油性成分で占められる美容液のことで、美容液オイルや美容オイルと呼ばれることもあります。

非常に高い保湿効果があることが特徴で、馬油やスクワラン、ホホバ油のように、人の皮脂とも構造が近い油性成分が配合されているものも多く

肌に潤いを与えるとともに、皮脂の代わりになって、肌を保護してくれるものも多くなっています。

そのことで、肌の内側の水分が蒸発するのを防いだり、乾燥や外部刺激からも肌が守られるようになります。

配合されている成分には、例えば、馬油やスクワラン、ホホバ油、オリーブオイル、ココナッツ油、アルガンオイル、椿油などがあります。

●導入美容液(ブースター美容液)

導入美容液(ブースター美容液)

導入美容液は、ブースター美容液や先行美容液、プレ美容液とも呼ばれる美容液で、

通常は、洗顔した後、化粧水の前に使用することによって、化粧水の浸透力を高めることができる美容液となっています。

このような導入美容液は、洗顔後の肌を柔らかく整えたり、

特に、肌の角質層を柔らかく整えることで、その後につける化粧水や美容液を角質層までしっかりと浸透させるようになっています。

また、導入美容液自体も保湿力が高いものも多く、化粧水や乳液のみよりも肌の水分量を高めてくれるものも多くなっています。

このような導入美容液は、化粧水の効果があまり感じられないといった方やきちんと角質層まで浸透しているかわからないといった方、

また、年齢とともに化粧水の浸透が悪くなっていると感じている方にも適した美容液といえます。

●ピーリング美容液

ピーリング美容液

ピーリング美容液は、肌に塗布することによって、肌表面の角質を柔らかくし、肌に蓄積した古い角質を取り除く効果のある美容液です。

肌に塗布してコットンなどで拭き取って角質を取るタイプや、通常の美容液のように、そのまま塗布するタイプなどもあります。

そのように古い角質が取り除かれることで、くすみが改善されたり、肌が柔らかく整えられたり、毛穴の黒ずみや角栓の除去といった効果、

また、肌のターンオーバーが促されて、肌の代謝がよくなり、ニキビやニキビ跡の改善、肌のたるみの改善といった効果も期待できるようになっています。

配合されている成分には、フルーツ酸などのAHAや、パパイヤ酵素、サリチル酸などがあります。

●まつげ美容液

まつげ美容液

まつげ美容液も最近では多く市販されています。

まつげ美容液には、まつげやその根元に塗布することで、まつげのダメージをトリートメントしたり、

まつげの根元に潤いや栄養を与えて、血行を促進するといった効果が得られるものもあり、

まつげの育毛を促進したり、まつげを抜けにくくするといった効果が期待できる美容液もあります。

また、まつげ自体に潤いや栄養を与え、ツヤを与えてくれるものもあります。

このような効果から、普段からビューラーやマスカラ、付けまつげなどを使うことが多く、まつげが傷みやすい方、抜けやすいといった方におすすめの美容液となっています。

4.美容液の順番は?使い方は?

このように美容液にも様々な種類のものがあって、その使用方法もそれぞれで異なります。

例えば、

・保湿美容液
・エイジングケア美容液
・美白美容液など

サラッとしたテクスチャの美容液の場合には、

洗顔→化粧水→美容液→乳液かクリーム

・ブースター美容液の場合は、

洗顔→ブースター美容液→化粧水→乳液かクリーム

・オイル美容液の場合は、

洗顔→化粧水→オイル美容液(特に、オイルとともに水溶性の成分が配合されているもの)→乳液かクリーム

もしくは、

洗顔→化粧水→乳液かクリーム→オイル美容液(特にオイル成分100%のもの)

オイル美容液に関しては、化粧水の後に使用するか、スキンケアの最後に使用するかは、実際に使ってみて、肌の調子のよい方、また、使いやすい順番で使用するのがいいでしょう。

目元、口元用のスポットタイプの美容液で、クリームタイプのものだと、

洗顔→化粧水→乳液かクリーム→美容液

という順番が一般的となっています。

また、その使用方法についても、

・保湿美容液
・エイジングケア美容液
・美白美容液
・ニキビ用美容液(ニキビを防ぐ効果のあるものの場合)
・オイル美容液
・導入美容液

→顔全体に塗布

・毛穴用美容液

→Tゾーンなど毛穴が目立つ箇所、皮脂の分泌が活発な箇所のみ

・ニキビ用美容液(特に、ニキビやニキビ跡改善効果のあるもの)

→ニキビやニキビ跡ができている箇所

・目元、口元用美容液

→年齢が出やすい目元、口元

・ピーリング美容液

→デリケートな目元などは避け、くすみや毛穴、角質が気になる箇所を中心に使用する、また、週に1回など、ピーリング時のみに使用する

・まつげ美容液

→まつげやまつげの根元の部分

このような使い方が一般的でしょう。

5.エッセンスとセラム、アンプルはどう違う?

エッセンス、セラム、アンプルの美容液

美容液には色々な種類があるとともに、その呼び方についても、

エッセンスと呼ばれるものもありますし、セラムやアンプルと呼ばれるものもあります。

どれも一見同じような美容液なのですが、それらにも違いがあるのでしょうか?

●エッセンスとは?

美容液の商品名でエッセンスとつくものも多く、

エッセンスは、美容液で用いられている場合には、化粧水と美容液の中間のような美容液につけられることが多くなっています。

そのテクスチャも、比較的軽く、サラッとしたテクスチャのものが多くなっていて、

一般的には、化粧水よりも有効成分が多く配合されているため、化粧水だけでは不足する機能を補うために使用する美容液といえます。

●セラムとは?

美容液の中にはセラムと呼ばれるものもあります。

セラムは、一般的にはエッセンスよりも高濃度に有効成分が配合されているものとなっていて

その効果も高い効果が期待できるものが多くなっています。

そのため、各商品で、それぞれの肌悩みへと的確に働きかける仕様のものが多く、

ある特定の肌悩みをより集中的にケアしたい場合に用いるものが多くなっています。

●アンプルとは?

アンプルと呼ばれるものもあります。

アンプルというのは本来、注射剤などの薬液を入れるガラス製の密封容器のことを指すのですが、

化粧品でアンプルと呼ばれるものは、一般的には、エッセンスやセラムよりもさらに有効成分の濃度が高い美容液となっています。

そして、そのテクスチャもとろみや粘度の高いものも多くなっていて、

またそれだけ高い効果が期待できるものも多く、短期間で効果が現れるものもあります。

さらにその鮮度を保つため、小さな容器に、1回使いきりの形で売られているものも多くあります。

6.まとめ

いかがでしたか?

美容液といっても、今では本当に色んな種類のものがあって、

もちろん、それぞれの種類でその効果や特徴、使い方、使用方法などもこんなに違ってたんですね。

さらにそんな美容液は、毎日のケアに本当に必要なのと疑問に思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

こちらではそんな美容液のたくさんの種類について、それぞれの違いや特徴、使い方、順番、使用方法などについて、

さらには、美容液の中でも、エッセンスやセラムの違い、最近増えてるアンプルと呼ばれる美容液の違いなどについてもご紹介してみましたので、

スキンケアに美容液を取り入れたいけど、それぞれの美容液でどんな特徴があるのかいまいちよくわからない方、どの美容液を選べばいいのかわからない方、

さらに、自分にはどのタイプの美容液が適しているのか知りたいといった方も参考になさって、

ぜひ、賢く美容液を選びながら、今よりももっとさらなる美肌を目指しましょう!