クレンジングの種類と選び方、肌に優しい順、メイクの落ちがいい順、肌質別おすすめ順は?

クレンジングにはオイルやリキッド、ミルク、クリームなど様々な種類があって、どれを選べばいいのか迷ってしまうことがあります。

クレンジングは直接肌への影響も大きいものですから、間違った選び方をすればトラブルにもつながってしまいますし、

逆に肌に合ったものを使ってあげることで美肌も維持することができるものでもあります。

今回はそんなクレンジングの種類やそれぞれの特徴、そのメリット、デメリット、肌に優しい順、選び方などについてご紹介してみたいと思います。

1.クレンジングにはどんな種類がある?

クレンジングの種類としては、

・オイル
・リキッド
・ジェル
・ミルク
・クリーム
・アイメイクリムーバー・ポイントメイクリムーバー
・クレンジングシート(拭き取りシート)

といったものがあります。

2.それぞれの特徴やメリット、デメリットは?

クレンジングオイルの特徴

クレンジングオイル
(出典:DHC ディープクレンジングオイル)

クレンジングオイルは、洗浄成分に油性成分が多く配合されたクレンジングです。

その洗浄成分の多くは合成界面活性剤で作られており、洗浄力が高いことが特徴で、

油分の多いメイク料ともなじみやすく、簡単に落とすことができるようになっています。

クレンジングオイルのテクスチャ

そのため、リキッドファンデーションやウォータープルーフのマスカラ、アイライナー、口紅など、落としにくいメイクも簡単に落とすことが可能です。

ただその分、合成界面活性剤が多く使用されているものも多いことから、肌への刺激が強く、肌を乾燥させるものも多くなっています。

●メリット

・落としにくいメイク、濃いメイクも簡単に落とせる
・素早く、短い時間で落とせる
・毛穴の奥の汚れも落とせる
・洗い流すのが簡単で、さっぱり使える

●デメリット

・界面活性剤による肌への刺激が強い
・必要な水分や皮脂まで落としてしまい、乾燥しやすい
・バリア機能を弱める恐れも
・毛穴に洗い残しがあるとニキビや吹き出物の原因にも

こんな方におすすめ

・比較的肌が丈夫で、肌トラブルのない方←こちらが大前提

その上で

・メイクが濃く、他のクレンジングでは上手く落とせない
・素早く時短でメイクを落としたい
・さっぱり洗い上げたい

といった方におすすめのクレンジングとなっています。

クレンジングリキッドの特徴

クレンジングリキッド
(出典:オルビス クレンジングリキッド)

クレンジングリキッドは、水分の配合量が最も多いクレンジングです。

テクスチャは柔らかく、サラサラとしているのが特徴で、「水クレンジング」と呼ばれることもあります。

クレンジングリキッドのテクスチャ

サラサラとしているので肌へもなじませやすく、ヌルつきやべたつきも少なく、さっぱりと使用することができるようになっています。

水でさっと洗い流すことができるので、使いやすさもあります。

洗浄力は、クレンジングオイルほどではありませんが、比較的強い方で、落としにくいポイントメイクも簡単に落とすことができるようになっています。

ただクレンジングオイル同様、界面活性剤も多く使用されており、肌への刺激も比較的強くなっています。

●メリット

・ヌルつきが少なく、さっぱりと使える
・アイメイクや口紅など、落としにくいメイクも簡単に落とせる
・オイルフリーのものもあり、ニキビができにくい

●デメリット

・合成界面活性剤が多めで肌への刺激が強い
・肌が乾燥しやすい
・さらさらしたテクスチャのため、肌をこすってしまうことがある

こんな方におすすめ

・比較的肌が丈夫で、肌トラブルのない方←こちらが大前提

・さっぱりと軽い使用感が好き
・さっと短時間でメイクを洗い流したい
・比較的メイクが濃い

といった方におすすめのクレンジングとなっています。

クレンジングジェルの特徴

クレンジングジェル
(出典:ビオレ メイクとろりんなで落ちジェル)

ジェル状になっているクレンジングです。

ジェルなので、弾力のあるテクスチャとなっていて、そんなジェルが肌と手との間でクッションとなって、肌をこすることなくクレンジングできるようになっています。

また、リキッド同様にみずみずしい使用感で、ヌルつきやべたつきも少なく、さっぱりと洗うことができるようになっています。

クレンジングジェルのテクスチャ

その種類も、油性ジェルから、油分の入った水性ジェル、油分が全く入っていないオイルフリーの水性ジェルもあり、

その使用感や使用される方の肌質、メイクの濃さなどに合わせて選ぶことができるようになっています。

●メリット

・肌をこすらずに洗えるので安心
・みずみずしいテクスチャでさっぱりと洗える
・ヌルつかず、簡単に洗い流せる
・オイルフリーのジェルもあり、ニキビができにくい

●デメリット

・合成界面活性剤が多めで肌への刺激が強い
・必要な潤いや皮脂も洗い流してしまい、乾燥しやすい
・洗浄力はオイルやリキッド、クリームと比べて劣る

こんな方におすすめ

・比較的肌が丈夫で、肌トラブルのない方←こちらが大前提

・さっぱりと軽い使用感が好き
・さっと短時間でメイクを洗い流したい
・ニキビができやすい(ただし、オイルフリーのみ)

といった方におすすめのクレンジングとなっています。

クレンジングミルクの特徴

クレンジングミルク
(出典:Doveダヴ モイスチャーミルククレンジング)

乳液のようなテクスチャのクレンジングです。

乳液クレンジングとも呼ばれ、とても柔らかなテクスチャで肌にもなじませやすくなっています。

クレンジングミルクのテクスチャ

ミルクがクッションとなってくれるので、肌への摩擦も抑えることができるようになっており、

他のクレンジングと比べても保湿成分が配合さているものが多く、

肌の潤いを保ちながら肌に優しくクレンジングすることができるようになっています。

洗浄力については、オイルやジェル、リキッドなどと比べると劣るものが多くなっています。

●メリット

・肌になじみやすく、使いやすい
・肌への摩擦を抑えることができる
・刺激が少ない
・保湿成分配合で、乾燥しない、つっぱらない
・敏感肌も使える

●デメリット

・洗った後、ぬるつきが残ることがある
・洗浄力は比較的弱い
・ポイントメイクやウォータープルーフは落としづらい
・クレンジングに時間がかかる

こんな方におすすめ

・肌が乾燥しやすい
・肌が敏感、弱い
・クレンジングによる刺激が気になる
・それほどメイクが濃くない
・しっとりと洗い上げたい

といった方におすすめのクレンジングとなっています。

クレンジングクリームの特徴

クレンジングクリーム
(出典:POND’Sポンズ クリアフェイスクリームクレンジング)

クリームタイプのクレンジングです。

ミルクタイプのものよりも、テクスチャは固く、こっくりとしたタイプのものが多くなっており、

ミルク同様、クリームがクッションとなってくれるので、肌をこすることなく、優しくクレンジングできるようになっています。

クレンジングクリームのテクスチャ

またクレンジングの中でも最も保湿力に優れているのがこのクリームタイプで、

クレンジングをしていても肌に潤いを与えることができ、洗った後のつっぱり感も抑えてくれるようになっています。

肌のバリア機能を弱めることもないので、低刺激に使用することができるようになっています。

ただ、肌に優しい分洗浄力は劣るものが多く、濃いメイクやポイントメイクなどは落とすのに時間がかかってしまいます。

●メリット

・肌をこすらずにメイクが落とせる
・メイクを落としながら、保湿もできる
・低刺激で、バリア機能も保てる
・洗った後、つっぱらない

●デメリット

・オイルやリキッドと比べると洗浄力は劣る
・ポイントメイクやウォータープルーフは落としにくい
・クレンジングに時間がかかる
・洗った後に、べたつきやぬるつきが残りやすい
・洗い流すのに時間がかかる

こんな方におすすめ

・肌が乾燥しやすい
・クレンジングで肌荒れしやすい
・比較的メイクが薄い
・敏感肌、肌が弱い
・クレンジングによる刺激が気になる

といった方におすすめのクレンジングとなっています。

アイメイクリムーバー・ポイントメイクリムーバーの特徴

アイメイクアップリムーバー
(出典:ビフェスタ うる落ちアイメイクアップリムーバー)

アイメイクやポイントメイクなどを専用に落とすクレンジングとなっています。

洗浄力が強く、そのような落としにくいメイクも簡単に、短時間で落とすことができるようになっていて、

使用方法としては、コットンなどに染み込ませて、それを落としたいメイクへと馴染ませ、拭き取るようにして落とすものが多くなっています。

●メリット

・洗浄力が強い
・アイメイク、ポイントメイクなど落としにくいメイクを簡単に落とせる
・ポイント的に使用するので、肌への刺激を抑えることができる

●デメリット

・洗浄力が強い分、肌への負担もある
・拭き取るタイプが多いので、肌をこすってしまう
・肌を乾燥させやすい

こんな方におすすめ

・アイラインやマスカラ、アイシャドウなどアイメイクをよくする
・比較的、濃いポイントメイクをすることが多い
・クレンジングは手軽に、素早くしたい

といった方におすすめのクレンジングとなっています。

クレンジングシート(拭き取りシート)の特徴

クレンジングシート(拭き取りシート)を取る様子

あらかじめコットンシートなどにクレンジング剤が染み込ませてあって、

そのシートをメイクになじませて、拭き取りながら落とすクレンジングとなっています。

ポイントリムーバーと同様に、ポイントメイクにだけなじませて落とすタイプのものが多くなっているのですが、

顔全体になじませて落とすことができるものもあります。

洗浄力も強く、落としにくいようなポイントメイクも拭き取るだけで簡単にさっと落とすことができるようになっています。

シートを取り出して拭くだけなので、ポイントリムーバーよりもさらに手軽に使うことができ、

外出先や旅行先などでも簡単に使うことができるようになっています。

●メリット

・アイメイクやマスカラ、口紅などの強力なメイクも簡単に落とせる
・シートをさっと取り出して拭くだけなので、簡単に使える
・クレンジングに時間がかからない

●デメリット

・シートで肌をこするので、肌に刺激が強い
・洗浄力も強いので、肌を乾燥させたり、刺激になることがある
・こすることで色素沈着の恐れも

こんな方におすすめ

・ミルクやクリームでは落とすことが難しいポイントメイクをする
・クレンジングは短時間で簡単に済ませたい
・外出先などでメイク直しをすることが多い

といった方におすすめのクレンジングとなっています。

3.クレンジングで肌に優しい順は?

このようにクレンジングには様々な種類があるのですが、例えば、肌に優しい順番としては、

(肌に優しい)

クリーム

ミルク

ジェル

リキッド

オイル

ポイントリムーバー、拭き取りシート(肌をこする必要があるため

(肌に刺激がある)

というのが一般的だと思われます。

4.洗浄力が強い順、メイクを落としやすい順番は?

洗浄力が強い順、メイクを落としやすい順番としては、

(洗浄力が高い)

オイル

ポイントリムーバー、拭き取りシート

クリーム

リキッド

ミルク

ジェル

(洗浄力が低い)

というのが一般的であると考えられます。

5.クレンジングの選び方、こんな方にはこのクレンジングがおすすめ!

クレンジングをおすすめする女性

このように見ていくと、例えば、

普通肌や脂性肌の方でメイクが濃い目の方であれば…

●オイルクレンジング
●リキッドクレンジング

がおすすめで、これらを使って、さっと短時間で落としてあげる。

普通肌や脂性肌の方でメイクが薄めの方であれば…

●ミルククレンジング
●クリームクレンジング

がおすすめで、これらで優しく落としてあげる。

乾燥肌や敏感肌の方でメイクが濃い目の方であれば…

アイメイクや口紅などの落としにくいようなポイントメイクは、オイルやリキッドでさっと落として、

顔全体はミルクやクリームで優しく落としてあげる

乾燥肌や敏感肌の方でメイクが薄めの方であれば…

●ミルク
●クリーム

がおすすめで、これらで優しく落としてあげる。

特に、保湿成分が多く配合されているもの、防腐剤などの刺激になる成分が無添加のものを使用されるのがいいでしょう。

ニキビができやすい方であれば…

ニキビができやすい方がオイルやクリームを使用すると、その油分が刺激になって炎症を悪化させたり、ニキビが新たにできてしまうこともありますので、

そのような方の場合には、

●オイルフリーのジェルクレンジング
●油分の少ないリキッド

などがおすすめで、必要以上に油分を与えずに、無理なく落としてあげるのがいいでしょう。

6.まとめ

クレンジングには、オイルクレンジングからミルク、クリーム、拭き取りタイプのものまで本当にいろいろなものがあって、

例えば、オイルは洗浄力が強いので、落としにくいメイクもさっと落とすことができる、

ミルクやクリームは保湿力が高いので、肌を乾燥させずに、優しくクレンジングすることができるといった風に、それぞれで特徴があり、またメリットもあればデメリットもあります。

クレンジングは肌にも直接影響が強いものでもありますから、その選び方を間違ってしまうと肌荒れの原因にもつながってしまい、

逆にきちんと自分の肌にあったものを選んであげることで、トラブルのない、美肌にもつなげることができるものでもあります。

こちらでご紹介したクレンジングの種類や、それぞれの特徴、メリット、デメリットも参考になさって、ぜひ賢いクレンジング選びをしてみましょう。

よろしければシェアをお願いいたします。