便秘解消におすすめのデトックスティーとは?飲むタイミングや飲み方、注意点も

 

便秘で困ってる、お腹が張って辛いといった方におすすめなのがデトックスティーです。

今回は、自然由来のお茶で体に優しく、安心して飲めて、便秘解消やデトックス、ダイエットにも効果的ととても人気の高いデトックスティーについて、

その効果やおすすめのデトックスティー、入れ方や飲むタイミング、注意点などについてもご紹介してみたいと思います。

1.デトックスティーとは?

デトックスティー

デトックスティーというのは、食物繊維やビタミンC、マグネシウム、カテキンといった、腸内環境を健やかに整える成分が豊富に含まれ、

飲むだけで腸の働きを活発にしてくれたり、

老廃物の排出を促したり、便秘の予防や解消といった効果が得られるお茶のことです。

またカリウムや血行促進効果のある成分が含まれるデトックスティーであれば、利尿効果や発汗効果が得られるものもあります。

2.デトックスティーで得られる効果は?

●便秘解消・老廃物の排出

デトックスティーの豊富な食物繊維ですっきりとしたお腹

デトックスティーには、水溶性の食物繊維が豊富に含まれるものが多くあり、そのような食物繊維には腸のぜん動運動が高める効果があるため、

体内に蓄積されがちな老廃物の排出も促されることになります。

さらに、腸の働きが高められ、老廃物の排出も促されることにより、

便秘の解消や予防といった効果が得られるようになっています。

●利尿効果

デトックスティーのなかには、カリウムが豊富に含まれるものもあり、利尿効果に優れたものもあります。

そのような効果によって、体内の余分な水分の排出が促されたり、塩分の排出を促すといった効果も得られ、

血圧を正常に保つといった効果も期待できるようになります。

●代謝アップ・ダイエット効果

デトックスで代謝がよくなり、スリムな体型の女性

そのように老廃物の排出が促されたり、利尿効果によっても体の代謝をよくすることができ、

体の代謝がよくなることによって、食べる量が同じでもやせやすくなり、ダイエットにも効果的となっています。

●むくみ改善

デトックスティーには、むくみの原因となる余分な水分や塩分の排出してくれる効果もあり、

自然とむくみを解消し、すっきりとさせるという効果も期待できるようになっています。

●コレステロールや脂肪分の吸収を抑える

デトックスティーに含まれる水溶性食物繊維には、腸内でコレステロールや脂肪分を吸着し、

そのまま排出してくれるといった働きもあります。

そのために、余分なコレステロールや脂肪分の吸収を抑えてくれるといった効果も得られ、特に脂っこい食事が多い方や生活習慣が気になる方の健康のためにも効果的となっています。

●美肌効果・肌荒れ改善

肌の老廃物の排出が促され、美肌の女性

体内の老廃物の排出を促してくれる効果に優れていることから、

肌内部の老廃物も排出されやすくなり、肌荒れが改善されたり、肌のキメが整えられて、きれいになるといった美肌効果も得られるようになります。

また代謝もよくなることから、肌代謝も促され、ハリが生まれたり、皮脂の過剰な分泌も抑えられることからニキビや吹き出物の改善にも効果的となっています。

3.デトックスにおすすめのお茶は?

ではこのようなデトックスティーにはどのようなものあるのでしょうか?

例えば、

・ルイボスティー
・ごぼう茶
・どくだみ茶
・ローズヒップティー
・キャンドルブッシュティー
・エルダーフラワーティー
・はと麦茶

といったお茶がデトックスティーとしてはおすすめです。

●ルイボスティー

ルイボスの花

ルイボスティー

ルイボスティーは、ルイボスというマメ亜科の植物の葉を乾燥させて抽出することができるお茶で、

ビタミン、ミネラルを豊富に含み、マグネシウムも豊富に含まれることから、そんなマグネシウムが便を柔らかくして、排出しやすくしてくれたり、

さらに、腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を健やかに保ってくれるといった効果も期待できるお茶となっています。

 

●ごぼう茶

ごぼう

ごぼう茶

ごぼう茶は、ごぼうを皮ごとスライスしたり、細かく切り、乾燥させて抽出することができるお茶のことです。

そんなごぼうにはイヌリンという食物繊維が豊富に含まれ、それは水溶性の食物繊維でもあることから、お茶にしても食物繊維も豊富に抽出することが可能となっています。

さらにそのイヌリンには、腸内の老廃物を巻き込みながら排出を促し、余分な水分を吸収して、便を柔らかくするといった効果もあり、便秘解消に高い効果を発揮してくれるようになっています。

●どくだみ茶

どくだみの花

どくだみ茶

どくだみ茶は、どくだみの葉を乾燥させ、焙煎させて作ることができるお茶のことで、

多くのミネラルに水溶性食物繊維も豊富に含まれています。そのため、腸の働きを活発にし、便秘の改善を促してくれるようになっています。

さらに便を柔らかくし、排出しやすくしてくれるマグネシウムも豊富に含まれていて、より効果的で、

カリウムも豊富なことから、余分な水分の排出も促し、むくみの改善にも効果的となっています。

●ローズヒップティー

ローズヒップの実

ローズヒップティー

ローズヒップティーは、ローズヒップと呼ばれるバラの実を乾燥させて抽出することができるお茶のことで、

ローズヒップにもまたビタミン、ミネラルが豊富に含まれ、特にペクチンと呼ばれる食物繊維も豊富に含まれています。

そのペクチンも水に溶ける水溶性食物繊維となっていて、お茶でも十分に摂ることができるようになっていますし、

さらにローズヒップは“ビタミンCの爆弾”と呼ばれるほどにビタミンCが豊富に含まれ、

そんなビタミンCには腸内の善玉菌をサポートする働きもあり、より便秘改善やデトックスに効果的となっています。

●キャンドルブッシュティー

キャンドルブッシュ

キャンドルブッシュティー

キャンドルブッシュティーは、キャンドルブッシュと呼ばれるマメ科の植物から抽出されるお茶のことで、

ビタミンにミネラル、水溶性食物繊維も豊富に含まれるために、便秘の解消のためにも効果的となっています。

さらに、センノシドと呼ばれる下剤にも使用される成分も含まれていることから、より腸の活動を活発にし、便秘改善を促してくれるようになっています。

ただこのように下剤成分も含まれているために、飲みすぎには注意が必要で、過剰摂取によりお腹を下したり、生理作用に影響を与える恐れもあります。

そのため、ャンドルブッシュティーに関しては各商品の摂取量をきちんと守るようにし、飲みすぎには注意しましょう。

●玄米茶

玄米茶の茶葉

玄米茶

玄米茶は、日本人にも非常になじみの深い玄米茶ですが、その玄米茶にも食物繊維が豊富に含まれています。

水溶性の食物繊維とともに、不溶性の食物繊維もバランスよく含まれ、腸のぜん動活動を高めて、便秘の改善にも効果的とされています。

他にもフィチン酸と呼ばれる有効成分も含まれ、フィチン酸には排泄を促してくれる働きがあり、

飲み続けることで自然と排出ができる体へと整えてくれるようになっています。

●はと麦茶

はと麦

はと麦茶

はと麦茶も日本人にはなじみの深いお茶で、美容、健康にも非常によいお茶であることは有名ですが、

そんなはと麦茶にもまた食物繊維が豊富に含まれ、その含有量というのは、さつまいもやブロッコリー、かぼちゃなどと同等ともいわれています。

そのため、便秘の解消にも効果的となっていますし、

他にもカリウムも豊富に含まれていることから、利尿効果やむくみの改善効果も期待できるようになっています。

●エルダーフラワーティー

エルダーフラワー

エルダーフラワーティー

エルダーフラワーティーは、古くからヨーロッパなどでも薬草としても用いられてきたエルダーフラワーというハーブから抽出することができるお茶となっています。

それには、利尿効果や毒素の排出を促してくれるデトックス効果、発汗効果などもあり、

体内の余分な水分や老廃物を自然と排出してくれるようになり、むくみの改善にも効果が期待できるようになっています。

さらに抗ウイルスや抗菌、抗炎症効果もあるため、風邪やインフルエンザなどのウイルス性の感染症の予防、花粉症などのアレルギーの改善にも効果的とされています。

4.どうやって入れるの?

お茶を入れる女性

このようにデトックスティーには様々なものがあって、1種類の茶葉のみが使用されているものから、

デトックスに効果的な茶葉を複数使用し、バランスよくブレンドされているものもあります。

また入れ方についても、そのタイプとして、

・茶葉やティーバッグをそのままやかんなどで沸騰させて煮出すタイプ

・茶葉にお湯をそそいで蒸らすタイプ

・ティーバッグにお湯をそそいで蒸らすタイプ

・水で抽出するタイプ(水出し)

といったものがあります。

●蒸らし時間、煮出す時間は?

その蒸らし時間についても、

●お湯を沸かして煮出すタイプのもの

煮出す時間は比較的長くなっていて、5分~15分程度が一般的です。

●茶葉にお湯を注いで入れるタイプのもの

蒸らし時間は1分~3分程度のものが多く、ティーバッグタイプもそのくらいのものが多くなっています。

●水出しタイプのもの

抽出にかかる時間はさらに長くなり、冷蔵庫に入れて、1~3時間程度は抽出にかかることが多いようです。

また、どのタイプのものがいいかについては、

例えば、たくさん入れて、作り置きしておきたいといった場合には、煮出すタイプのものや水出しタイプのもの、

その場でさっと簡単、手軽に飲みたいといった場合には、茶葉にお湯を注いで入れるタイプ、ティーバッグタイプのものがおすすめですね。

※各商品で入れ方は異なりますので、各商品の説明にしたがっていれるようにしましょう。

5.蒸らし時間(抽出時間)を調節して濃さを変えられる?

●濃いほど有効成分が抽出され、効き目が強くなる

蒸らし時間によって濃さの変わるお茶
(出典:モリモリスリム)

お茶の場合、その蒸らし時間や煮出す時間を調節することによってお茶の濃さを変えることもできます。

もちろん、蒸らし時間が短ければ薄くなりますし、長くなるほど濃いお茶になります。

そして、濃くなるほど、茶葉の成分が濃くお茶に溶け出すことになりますので、デトックスティーの場合、濃いお茶ほどその効き目を強くすることができます。

そのため、通常の蒸らし時間では効き目が弱いと感じる場合には、それよりも濃く入れるようにするのが有効であるといえるでしょう。

●濃く入れすぎると雑味が増し、飲みづらくなるので注意

ただ、蒸らし時間が長くなるほど、苦味が増したり、雑味が出てしまって、飲みづらくなってしまいますので、

濃いお茶ほど効き目がありますが、濃くしすぎないことも、無理なく続けるためには大切でしょう。

6.いつ飲むのがいい?飲むタイミングは?

●夜がおすすめ、眠っている間に腸が整えられる

眠る女性

デトックスティーを飲むのであれば、夜がおすすめです。

夜飲むことによって、眠っている間に腸内をじっくりと整えることができ、翌朝には自然と排出することができるよう体が整えられるようになります。

●カフェインが気になる場合には、朝飲むのも◎

また、ルイボスティーをはじめ、デトックスティーはノンカフェインのものがほとんどなので、寝る前にも安心して飲むことができるようになっているのですが、

なかにはカフェインが含まれているものもあり、そのようなカフェインが気になる方は、朝に飲むのもいいでしょう。

特に、朝食の前後に飲むことによって、水分もしっかりと補給することができ、腸の働きも活発になり、より排出しやすくなります。

7.1日にどれくらい飲めばいい?飲みすぎはダメ?

●1日に1~3杯程度が適当、飲みすぎには注意

デトックスティーもお茶なので、1日の適量というのは特別に決められているわけではないのですが、

商品の中には、1日の目安量や摂取量が明記されているものもありますので、決まっている場合にはそれを守るようにしましょう。

またデトックスティーの場合には、飲みすぎることによって食物繊維や水分も多く摂りすぎてしまうことになるため、お腹が緩くなったりすることもありますので、

飲みすぎには注意が必要です。

1日に1杯程度でも効き目があるのなら、それくらいが適当でしょうし、多くても、1日に2、3杯程度が適当かと思います。

特にキャンドルブッシュが配合されているお茶の場合、先のとおりに、下剤成分も含まれていることから飲みすぎないよう注意する必要があります。

8.まとめ

いかがでしたか?

便秘やお腹の張り、お腹の詰まりに困っている方、特に、女性は便秘に悩まれている方が多くて、毎日辛いものです。

そんな時に役に立ってくれるのがデトックスティーで、お茶なので体にも優しく、安心して飲むことができますし、

食物繊維やビタミン、ミネラル豊富なものも多くて、水分補給もすることができ、よりお通じを整えてくれるんですね。

そんなデトックスに効果的なお茶にも色々とあって、それぞれに特徴もあり、こちらではそんなおすすめのデトックスティーに、お茶の入れ方、飲むタイミングなどについてご紹介しましたので、

毎日のすっきりとしたお通じ、デトックス、さらにダイエットなどにもぜひお役立てください。

よろしければシェアをお願いいたします。