痛くない?ダイヤモンドピーリングとは?その効果や施術方法、料金、アフターケアについても

ケミカルピーリングやレーザーピーリングの他にも、ダイヤモンドピーリングというピーリングがあるのをご存知でしょうか。

それは、薬剤を用いることなく、痛みや刺激もあまり気にすることがないので、敏感肌の方も行えるほどに低刺激なピーリング法とされています。

今回はそんなダイヤモンドピーリングについて、その効果や方法、施術の受け方、料金、注意点などについてご紹介してみたいと思います。

1.ダイヤモンドピーリングとは?

ダイヤモンドピーリングの施術を受ける助成

ダイヤモンドピーリングというのは、ダイヤモンドの粒子が使用された金属バー(ハンドピース)を用いて、肌の表面の角質を削り取る施術のことです。

ピーリングの施術としては比較的新しい施術方法となっています。

2.これまでのピーリングとの違いは?

ピーリングには大きく分けて4つの方法があり、

・ケミカルピーリング
・レーザーピーリング
・クリスタルピーリング
・ダイヤモンドピーリング

というものがあります。

また、ダイヤモンドピーリングと他のピーリングとの違いとしては、例えば、

●ケミカルピーリングのように薬剤を使用しない

ケミカルピーリングの場合には、ピーリングの際に薬剤を用いて、その薬剤の働きにより古い角質を剥がして、ケアするのに対し、

ダイヤモンドピーリングは薬剤を一切用いることなくピーリングを行うという違いがあります。

●レーザー、クリスタルとの違いは、用いるピーリング手法の違い

レーザーピーリングは、その名の通りレーザー(光線)を肌へと照射することにより古い角質を剥がすというピーリング法で、

クリスタルピーリングは、アルミニウムでできた微粒子を肌へと吹き付けることによって、角質を剥がす施術となっています。

そしてもちろん、ダイヤモンドピーリングとの違いは、ダイヤモンドピーリングがダイヤモンド粒子を用いるのに対し、

レーザーピーリングはレーザーを、クリスタルピーリングはアルミニウムの微粒子を用いて施術を行う点にあります。

3.ダイヤモンドピーリングのメリットとは?

では、ケミカルピーリングやレーザーピーリングなどと比べて、ダイヤモンドピーリングにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

●薬剤による刺激や痛み、出血などを伴う心配がない

例えば、ケミカルピーリングの場合には、薬剤を用いる必要があり、

その薬剤が肌に合わなかった場合、あるいは、濃度が合わなかったり、刺激が強すぎた場合には、皮膚に激しい痛みが生じることがあります。

また施術後に皮膚が腫れたり、赤くなったり、出血を伴ったりすることもあるのですが、

ダイヤモンドピーリングの場合には、薬剤を一切用いることなくケアすることができるようになっているので、

そのような薬剤による刺激や副作用もなく施術が行えるようになっています。

●レーザーやクリスタルよりもさらに低刺激

レーザーピーリングもクリスタルピーリングも薬剤を用いることがないので、ダイヤモンドピーリングのように低刺激に行うことができるようになっているのですが、

レーザーピーリングの場合には照射中や照射後に多少の痛みや刺激を感じたり、

照射後に赤くなったり、腫れたりする方もいらっしゃるようです。

クリスタルピーリングの場合にも、施術中、施術後に多少のピリピリとした刺激を感じる方もいらっしゃるようです。

その点では、ダイヤモンドピーリングの方が低刺激に行えるようになっているといえるかもしれません。

4.どんな効果がある?

ではこのようなダイヤモンドピーリングによるどのような効果が期待できるようになるのでしょうか。

古い角質の除去

古い角質が除去され、透明感のある素肌

ダイヤモンドピーリングでは、ダイヤモンドの粒子により肌の角質を剥がす(ピーリングする)ことから、

通常の洗顔などでは落とすことができないような古い角質を除去することが可能になっています。

ターンオーバーの正常化

古い角質が取り除かれることにより、それまでターンオーバーを妨げていたものがなくなり、

ターンオーバーを正常化させ、健康的な状態へと戻すことができるようになります。

ニキビ、ニキビ跡の改善

ターンオーバーが正常化し、ニキビ改善効果を得る女性

ターンオーバーが正常化することにより、肌の新陳代謝もよくなることから、ニキビの治癒を早めて、ニキビの改善にも効果的となっています。

肌の代謝がよくなることで、色素沈着を伴ったニキビ跡を改善したり、

さらに、古い角質を剥がして、肌の表面をなめらかにしてくれる効果もあり、

肌の深部にまで達していないような、浅い肌の凹凸やクレーター、ニキビ跡程度であれば、改善させることも可能になっているようです。

毛穴の開き、黒ずみの改善

ダイヤモンドピーリングには、毛穴の詰まりを取り除き、解消してくれる効果もあり、

毛穴の黒ずみも取り除いて、目立たなく整えてくれる効果も期待できるようになっています。

肌の代謝がよくなることで毛穴の開きも改善されるといった効果も期待できるようになります。

シミ、そばかす、くすみの改善

古い角質を除去し、肌のターンオーバーが整うことにより、シミやそばかすの排出、

また、シミ、そばかすの原因となるメラニンの排出を促すという効果も得られ、

シミ、そばかすの改善、予防にも効果的となっています。

さらに肌の代謝がよくなることで、肌に透明感も生まれ、くすみの改善にもつなげられるようになります。

肌のキメを整える、肌を柔らかく整える

肌のキメが整い、なめらかになった素肌

肌の表面の古い角質を取り除くことにより、肌のざらつきも解消されて、肌をなめらかに整えることができるようになります。

古い角質はまた、肌を硬くし、ゴワつきの原因となりますので、

それらが取り除かれることにより、肌のゴワつきも改善され、柔らかく整えられるといった効果も期待できるようになっています。

そのため、1度の施術でも、ダイヤモンドピーリングの後には肌がつるんとなったと感じる方やふっくらと柔らかくなったと感じる方も多いようです。

ハリを生み出し、たるみを改善する

肌の新陳代謝も高めることができるので、肌に自然とハリが出て、肌の弾力も高めることができ、

たるみの改善や予防にも効果が期待できるようになります。

小じわやちりめんじわを改善

肌のハリ、弾力が高まることにより、肌を内側からふっくらと持ち上げて、小じわやちりめんじわの改善にも効果が期待できるようになっています。

5.どんな人が向いている?

ダイヤモンドピーリングにはこのような様々な美容効果が期待できるようになっており、

特に、

・ニキビやニキビ跡に悩んでいる

・毛穴の開き、黒ずみに悩んでいる

・肌のくすみに悩んでいる

・肌の弾力不足に悩んでいる

・敏感肌やアレルギーのある方で他のピーリングができない

といった方に向いているピーリングであるといえるでしょう。

6.避けた方がいい人は?

逆に避けた方がいい方というのは、例えば、

・日焼けをしている

・肌に炎症を起こしている

・ケガをしている、傷がある

といった方は避けた方がいいでしょう。

ダイヤモンドピーリングは低刺激で、比較的安心して行えるピーリングですが、肌の表面を削り取るケアであることには違いありませんので、

例えば、日焼けをしている場合に行うことで、日焼けの炎症を悪化させてしまう恐れがあり、肌トラブルの原因になってしまうことがあります。

炎症があったり、ケガをしていたりする場合も同様で、炎症の悪化や、ケガをしている部分をさらに削り取ることにより、より皮膚を傷つけてしまう恐れがありますので、避けた方がいいでしょう。

7.どこで受けられる?自宅でも可能?

●皮膚科やクリニックなどの医療機関、エステサロンでも可能

●自宅でできるダイヤモンドピーリング機器も

今では、皮膚科や美容皮膚科、クリニック、エステサロンなど、様々なところで施術を受けることができるようになっています。

さらに最近では、自宅用のダイヤモンドピーリング機器なども市販されていて、自宅でも可能になっています。

●おすすめは専門医による施術が受けられる皮膚科やクリニック

皮膚科クリニックの様子

皮膚科や美容皮膚科、クリニックといった医療機関の場合、当然、専門の皮膚科医による施術を受けることができるので安心ですし、

事前に肌の状態についてきちんとした診断の上で、それに合せたピーリングの強さや深さを調節してくれるようになっていますので、より安心でしょう。

また、事前のカウンセリング、説明もきちんと行ってくれるのでより安心ですね。

カウンセリングを受ける女性

エステサロンでもダイヤモンドピーリングは受けられるのですが、医療機関とは異なり、専門医による施術でないことから、多少の不安は残ります。

選ばれるのであれば、カウンセリングや事前の説明がきちんと行われている、信頼のできるところで受けるようにしましょう。

●ダイヤモンドピーリング機器はより慎重に使う必要がある

自宅用のダイヤモンドピーリング機器はとても手軽で、つい取り入れたくなりますが、

やはり自分で行うことから、肌の状態に合った強さでない場合や、

その時の肌状態によってはトラブルになってしまうこともありますので、使用には注意が必要ですね。

8.その施術方法は?

皮膚科やクリニックで受ける場合には、一般的には、ダイヤモンド粒子の使用された金属バー(ハンドピース)を用い、それを肌の上で滑らせながら、

古い角質や皮脂を、バキュームもしながら取り除いてくようにします。

ダイヤモンドピーリングの施術の様子

広範囲を一度に施術することができるようになっており、施術を行う範囲にもよりますが、時間にして30分程度で終わることが一般的なようです。

9.料金は?回数は?

皮膚科やクリニック、あるいはエステサロンなどでダイヤモンドピーリングを受ける場合、料金はどれくらいで、何回か通う必要はあるのでしょうか?

例えば、料金についてはそれぞれの機関により異なりますが、

相場としては、1回の施術につき、5,000円~10,000円程度が一般的なようです。

また、何回か施術を受ける必要があり、その回数も機関によって異なりますし、受けられる方の肌の状態や症状によって異なりますが、

一般的には、5回~10回程度通う必要があることが多くなっているようです。

さらに、症状によってはそれ以上になることもあるようです。

10.注意点や危険性はある?

●不安な点があれば、事前のカウンセリングで解消しておきましょう

皮膚科やクリニック、エステサロンなどで施術を受ける場合には、必ず、事前のカウンセリングをきっちりと受けるようにしましょう。

疑問に思うことは必ず解消しておくようにし、また、自分の肌について気になる点やアレルギーなどがあれば伝えておくのもいいですね。

自宅で行う場合には、さらに細心の注意が必要で、機器の使用方法をきちんと把握して、また、今の自分の肌状態も見ながら、正しく行うようにしましょう。

●施術後3日間は肌が敏感な状態に、アフターケアをきちんと行う
●まずはきちんと保湿して、乾燥させない

アフターケアで肌を保湿する女性

さらに、施術を受けた場合には、アフターケアもきちんと行う必要があります。

ダイヤモンドピーリングは低刺激なピーリングなんですが、それでも受けた後は皮膚が薄くなり、敏感な状態になっています。

乾燥もしやすくなっていますので、いつも以上にきっちりと保湿してあげて、肌を乾燥させないようにしましょう。

●紫外線対策もきちんと行い、できるだけ紫外線を浴びない

日傘で紫外線対策をする女性

紫外線にも弱い状態でもありますので、できるだけ紫外線を浴びないようにし、外出の際には、帽子や日傘などで紫外線対策したり、

日焼け止めを塗る場合には、できるだけ低刺激な日焼け止めを使用するようにしましょう。

このような敏感な状態は、施術後、2、3日は続くようなので、3日間くらいは肌を守ってあげるようにしましょう。

11.まとめ

いかがでしたか?

ダイヤモンドピーリングというピーリング法が近年注目されていて、

それには、落ちにくい古い角質を取り除いてくれたり、肌のターンオーバーを正常化し、

そのことで、特に、ニキビやニキビ跡の改善、毛穴や黒ずみの改善、肌のくすみの改善といった効果が期待できるようになっていますし、

肌にハリや弾力も与えてくれる効果も期待でき、その効果もかなり即効性があるようです。

また、薬剤を用いることもなく、痛みや刺激も非常に少なくて、低刺激であることから敏感肌の方にも可能になっているほどなんですね。

でもピーリングには変わりないので、注意も必要で、正しく受けなければトラブルにつながってしまうこともあるようです。

ただ、実際には、安全性も高く、そんな注意点やアフターケアもきちんとしていればそれほど神経質になったり、心配することのないピーリングだということですので、

ニキビや毛穴など、様々な肌トラブルに悩まれている方は一度検討されてみてはいかがでしょう。

よろしければシェアをお願いいたします。