角栓毛穴、ポツポツ毛穴、いちご鼻と永遠にサヨナラする方法

 

毛穴で皮脂が詰まり、それが少し飛び出してザラザラとしているのが「角栓」。

また、毛穴で皮脂が黒ずんでポツポツと見えているのが「いちご鼻」。

そんな毛穴のトラブルに悩まされている女性も多くなっています。今回は、その角栓やいちご鼻の原因やケア法、改善法などを様々にご紹介しています。

せひ参考になさってみてください。

1.そもそも角栓、いちご鼻って何?

毛穴に悩む女性のイラスト

角栓というのは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まり、それが排出されずに固まりとなって残ってしまうものです。

またいちご鼻は、毛穴に詰まった皮脂や古い角質、汚れ、老廃物などが毛穴に詰まり、それが酸化して、黒くなってしまう状態のことです。

2.角栓、いちご鼻はどうやってできる?

角栓になってしまう経緯は…

毛穴で皮脂が分泌されるor古い角質が生成される

その皮脂や古い角質が上手く排出されなり

それらが塊となって角栓となる

いちご鼻になってしまう経緯は…

毛穴に皮脂や汚れ、古い角質、老廃物などが詰まる

空気と触れ合うことで酸化する

酸化して黒ずみ、ポツポツと見え、いちご鼻になる

といったことが考えられます。

他にも、落としきることができなかったメイクが原因で、黒ずみとなることもあります。

3.その根本原因は?

その根本原因として考えられるのが、

・過剰な皮脂の分泌
・皮脂や古い角質の酸化
・遺伝的なもの
・脂性肌
・肌の乾燥
・ホルモンバランスの乱れ
・不十分な洗顔
といったことが挙げられます。

過剰な皮脂の分泌、皮脂や古い角質の酸化

いちご鼻や角栓になってしまいやすい最たる原因として考えられるのが過剰な皮脂の分泌でしょう。

皮脂は、このように毛穴の目立ちの原因となるので、悪者にされやすいのですが、もともとは、適切に分泌されることによって、肌を保護してくれるものであり、肌にとって欠かすことのできないものでもあります。

しかしそれが過剰に分泌されてしまうことによって、毛穴の中で固まって、角栓となり、詰まりやすくなってしまいます。

そして、酸化することによって、黒ずんでしまうんですね。

黒ずみ毛穴と角栓毛穴の説明図

遺伝的なもの、脂性肌

もともと毛穴が大きかったり開きやすかったりする肌質の方もいます。

そのような方は遺伝的に脂性肌(オイリー肌)であるともいえ、ご両親も毛穴が目立っているといった方も多く、

そのために、毛穴に皮脂が詰まりやすく、それが角栓になったり、いちご鼻にもなりやすくなってしまいます。

また、脂性肌は遺伝的なものでだけではなく、もともとそうではなかったのに、誤ったスキンケアや洗顔、

あるいは、生活習慣、不摂生などで脂性肌になってしまう方もいます。

乾燥

乾燥に悩む女性

乾燥している肌と過剰な皮脂は一見、相反しているように思えるんですが、

肌が乾燥していると、肌はその乾燥から守ろうとして、皮脂をより多く分泌しようとします。

特にTゾーンは他の箇所と比べても、毛穴や皮脂腺が多いことから、脂っぽくなってしまい、毛穴の詰まりにつながってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れで辛そうな様子

ホルモンバランスが乱れることによって、肌のターンオーバー、肌の生まれ変わりがスムーズに行われなくなることがあります。

そのことによって、例えばターンオーバーが遅くなり、本来なら自然と排出される皮脂や古い角質が排出されにくくなって、毛穴に詰まってしまいます。

また逆にターンオーバーが早すぎることによって、十分に肌が育つことができずに、それをカバーしようとして過剰に皮脂が分泌されることもあります。

それが毛穴の黒ずみや角栓につながってしまいます。

不十分な洗顔、誤った洗顔

洗顔している女性

毎日の洗顔が不十分だと当然、落とすべき毛穴の皮脂や古い角質もきちんと落とすことができずに、

いつの間に角栓になってしまい、ポツポツとした黒ずみの原因になってしまいます。

また、クレンジングも不十分だとファンデーションなどのメイク料が毛穴に残ってしまうことになり、それもまた酸化することで黒ずみになってしまうんですね。

4.角栓、いちご鼻を改善させるには?

ではそんな嫌ないちご鼻を改善させるにはどうすればいいのでしょうか。

まずは、

・適切な洗顔
・適切なクレンジング
・保湿
・乳液やクリームも適切に使う

といったことが必要になるでしょう。

適切な洗顔、クレンジング

★ポイント:きめ細かい泡で優しく洗う

きめの細かい洗顔料の泡

洗顔は、きめが細かく、たっぷりの泡で、顔全体を覆うように優しく洗ってあげるようにします。

きめの細かい泡で洗うことによって、泡が肌の表面だけではなく、毛穴にも入り込んで、汚れもきちんと落とすことができるようになりますし、

特に毛穴の汚れが気になる部分は丁寧に洗うようにしましょう。

あくまでも優しく洗うようにし、洗いすぎにも注意しましょう。

●ゴシゴシ洗い、過剰な洗顔は禁物

毛穴が気になるからといって、ゴシゴシと洗ってしまったり、何度も洗顔してしまうと、肌をさらに傷めてしまったり、乾燥の原因にもなってしまいます。

クレンジングもまた大切で、メイクをした日には必ずクレンジングをするようにし、毛穴に入り込んだファンデーションなどはきちんと落とすようにしましょう。

保湿

保湿をする女性

化粧水でたっぷりと潤いを与え、保湿してあげることで、肌の水分と油分のバランスを整えることができます。

そうすることによって、肌を乾燥から守ろうとする皮脂が過剰に分泌されにくくなり、毛穴に皮脂が詰まりにくい状態へと肌を整えることができるようになります。

さらに化粧水を与えてあげることによって、角栓や黒ずみを柔らかくすることができ、洗顔で落としやすい状態へ整えるといった効果も期待できるようになるでしょう。

また、夏場などは化粧水を冷やしてから付けてあげるのも、毛穴を引き締めるという意味では効果的でしょう。

乳液、クリームを適切に使う

保湿クリームを指に取る様子

いちご鼻に悩んだり、角栓、ざらつきに悩んでいる方の中には、乳液やクリームの油分を嫌って化粧水だけで済ませるという方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、乳液やクリームには必ずといっていいほど油分が配合されていて、その油分が毛穴に入ってしまうことが気になる方もいらっしゃるでしょう。

でもそんな油分が肌の保護膜となり、化粧水で与えた水分を閉じ込めながら、肌を乾燥から守ってくれるようになりますので、毛穴が気になる部分にも、きちんと塗布して肌を守ってあげるようにしましょう。

●ポイント:皮脂の多い部分は量を調節

ただそんな油分やべたつきが気になるといった場合には、Tゾーンなどは量を調節し、薄めに塗るようにしたり、

クリームではなく、さっぱり目の乳液にするといった工夫もいいでしょう。

5.他にもこんな方法が

他にも改善させるケアとして、

・毛穴に効果的な成分を取り入れる
・エイジングケア化粧水を取り入れる
・美白化粧水を取り入れる

といったケアもおすすめです。

毛穴に効果的な成分を取り入れる

毛穴改善のために有効とされる成分としては、

・ビタミンC誘導体
・フルーツ酸AHA
・レチノイン酸

といった成分が有効でしょう。

これらには、過剰な皮脂の分泌を抑えてくれる効果や、古い角質を取り除きやすくしてくれる効果、ターンオーバーを促してくれるといった効果が期待できるものとなっています。

また他にも、

・コラーゲン
・エラスチン
・ヒアルロン酸

といった成分も有効で、肌へとたっぷりと潤いを与え、乾燥を防いでくれるとともに、

肌へと弾力を与えて、毛穴を内側からふっくらと持ち上げて、目立たなくさせてくれるといった効果も期待できるようになっています。

さらに、

・ハマメリスエキス
・アーティチョーク葉エキス…毛穴の目立ち改善
・イノバラ果実エキス…収れん作用
・コショウソウ芽エキス
・タイムエキス
・ダイズエキス…皮脂抑制

といった成分もおすすめです。

これらは植物由来の優しい成分となっていますので、肌にも安心ですし、

これらには潤いを与えてくれるとともに、黒ずみを排出しやすくしてくれたり、収れん作用があるものもあり、毛穴を引き締め、

さらに皮脂を抑制するといった効果が得られる成分もあります。

スキンケア用品や化粧品の中には、毛穴ケア専用のものも多くあり、それらにはこのような成分が配合されているものもありますので、取り入れてみるのもいいでしょう。

エイジングケア化粧水を取り入れる

エイジングケア化粧水のボトル
(出典:無印良品)

意外かもしれませんが、エイジングケア化粧水を取り入れてみるのもいいでしょう。

そのようなエイジングケア化粧水には、例えば、プラセンタやフラーレンなど、肌の代謝を良くして、肌にハリや弾力を与えてくれる成分が含まれているものが多くあります。

そのことによって、毛穴をふっくらとさせて持ち上げ、目立たなく整えてくれるものもあるんですね。

美白化粧水を取り入れる

美白化粧水のボトル
(出典:KOSE 雪肌精)

美白化粧水もまた意外なんですが、特に、ビタミンC誘導体が配合されているものがおすすめで、そんなビタミンC誘導体が過剰な皮脂の分泌を抑えてくれるようになっています。

6.蒸しタオルケアもおすすめ!

蒸しタオルでパックをする女性

角栓やいちご鼻改善のためには「蒸しタオルケア」も効果的です。

それは洗顔する前に、蒸したタオルを顔に当ててあげることにより、その熱と蒸気によって毛穴を開かせて、毛穴の汚れを落としやすくするものです。

その方法としては、

①まずタオルを水でぬらして、絞る。

②タオルを半分に折って、お絞りのようにくるくると巻く。

③それを電子レンジに入れて、500W~600Wで1分程度温める。

④電子レンジから取り出したら、少し温かいくらいかなと思える温度まで冷ます。

⑤それを顔に当てて、毛穴を開かせる。

★顔に当てるタイミングは、クレンジング後、洗顔前がベスト

蒸しタオルを顔に当てるタイミングとしては、クレンジングをした後、洗顔する前がいいでしょう。

クレンジングの前だと、ファンデーションなどのメイク料が邪魔をして、上手く毛穴が開かないこともあり、効果が半減してしまうこともあります。

クレンジングできちんとメイクを落とした後に、蒸しタオルを顔に乗せ、毛穴を開かせてから、たっぷりの泡で洗顔してあげるようにしましょう。

●行う際の注意点として

タオルの温度に気をつける必要があって、熱過ぎると、肌にダメージを与えてしまいますので、必ず適温に冷ましてから行うようにしましょう。

また、顔に当てる時間も、長すぎては、やはり肌にとって良くありませんので、時間にして2,3分程度にとどめておきましょう。

さらに、行う回数についても、頻繁に行うのはあまりよくないとされていて、週に1,2回程度がおすすめです。

もちろん、レンジからタオルを取り出す際には、慎重に、やけどをしないように注意しましょう。

7.逆に避けたいケアは?

誤ったケアを行うことによって、逆に過剰な皮脂の分泌を招いてしまったり、肌を傷つけてしまうこともあります。

そこでやってはいけないケア、おすすめできないケアとして、

・毛穴パック
・拭き取り化粧水
・無理やり指で取る
・洗顔のしすぎ
・ファンデーションを厚く塗る

といったことが挙げられます。

毛穴パック

毛穴パックをする様子

はがすタイプの毛穴パックは、Tゾーン、特に鼻の周りにパックシートを貼り、物理的な力で取り除こうとするものです。

気になる角栓がごっそり取れるとして一時期ブームになりましたが、

確かに角栓やざらつき、黒ずみも取り除いてくれるんですが、それだけ肌への刺激が強すぎるものでもあります。

使用されてる方の中には、使用した直後、鼻が赤くなってしまう方も多く、肌が相当ダメージを受けている証拠でもあります。

また、角栓が取り除かれた毛穴はぱっくりと開いてしまう状態となり、その後のケアを本当にきちんと行わなければ、逆に毛穴の目立ちや凹凸がひどくなってしまうこともあり、おすすめできません。

拭き取り化粧水

いちご鼻や毛穴の黒ずみが気になる方は拭き取り化粧水を使用される方もいらっしゃるかもしれません。

こちらも毛穴付近を拭き取ることによって、ざらつきや角栓、古い角質などを取り除くことができるようになっているのですが、やはり、肌への負担が大きいものとなっています。

また肌を摩擦することによって、肌が薄くなり、バリア機能が弱くなったり、色素沈着を起こして、くすみの原因にもなってしまいます。

無理やり指で取る

角栓を手で取る様子

黒ずみや角栓が気になるからといって、指で絞るようにして無理やり取るというのも厳禁ですね。

鏡で見て、取れそうだとついつい気になって取りたくなってしまうものですが、

肌にダメージを与えることになり、また、いちご鼻や角栓の根本的な改善にもなりませんのでやめておきましょう。

洗い過ぎ

毛穴の黒ずみや角栓を洗浄しようとして、頻繁に洗顔したり、1回の洗顔の時間が長すぎる方もいらっしゃるでしょう。

そんな洗顔のし過ぎもまた毛穴にとってよくないことで、肌を乾燥させてしまって、過剰な皮脂の原因となってしまいます。

また肌の乾燥によって、肌が硬くなり、古い角質や皮脂が排出されにくくなる原因ともなってしまいます。

ファンデーションを厚く塗る

ファンデーションを塗る女性

毛穴の目立ち、黒ずみが気になるからといって、ファンデーションを厚塗りして隠すこともおすすめできません。

特にリキッドやクリームタイプのものはカバー力はあるものの、粒子が細かく、毛穴の奥に入り込みやすくて、毛穴の詰まりの原因にもなってしまいます。

ファンデーションはできれば落としやすいパウダータイプのものにするか、リキッドやクリームを使用したい場合には、他の箇所よりも薄く塗るようにしたり、より肌に優しいBBクリームなどを使用することをおすすめします。

8.食べ物で体の中から毛穴を改善させる

食事によって角栓のできにくい肌状態、いちご鼻を改善させることも可能で、また毎日の食事、栄養バランスもとても大切です。

そこで特に、角栓やいちご鼻に効果的とされる栄養素が、

・ビタミンC 過剰な皮脂の分泌を抑える
・βカロテン(ビタミンA) 肌の修復、ターンオーバーを促進
・ビタミンB1、B2、B6 脂質、糖質の代謝機能
・たんぱく質 美しい肌を作る

などが考えられます。

●ビタミンC…過剰な皮脂の分泌を抑えてくれるといった効果があり、毛穴に皮脂が詰まりにくくしてくれる。

また、体内でコラーゲンの生成を促すといった働きもあるために、肌をふっくらとさせて、毛穴を目立たなく整えてくれるといった効果も期待できる。

●βカロテン(体内でビタミンAに変わる)…肌のターンオーバーを促進し、肌の修復を促してくれるといった働きがあり、毛穴の開きを改善するのにも効果的。

●ビタミンB1、B2、B6…皮膚や粘膜を丈夫に保つ働きがあり、さらに、糖質や脂質の代謝を促す効果があるビタミン。

特に脂質の代謝が促されることで、毛穴に皮脂が詰まりにくく、角栓や黒ずみができるのを防ぐといった効果が期待できる。

●たんぱく質…体内で筋肉や髪、爪などあらゆる組織を作り上げるもとともなる栄養素。

肌細胞も作り上げ、健康的な肌の維持ためにも必要不可欠な栄養素であり、肌のキメや毛穴の目立たない素肌のためにも効果的。

《ビタミンC豊富な食べ物》
アセロラやキウイ、レモン、イチゴ、赤パプリカ、黄パプリカ、ほうれん草、パセリ、ブロッコリー、ピーマンなど《βカロテン(ビタミンA)が豊富な食べ物》
にんじんやかぼちゃ、モロヘイヤ、ほうれん草、春菊、ピーマン、しそ、パセリ、ニラ、菜の花、小松菜、明日葉など

《ビタミンB1が豊富な食べ物》
豚肉やレバー、うなぎ、ナッツ類、豆類、玄米など

《ビタミンB2が豊富な食べ物》
豚レバーや鶏レバー、牛のレバー、うなぎ、納豆、たらこ、舞茸、卵、牛乳など

《ビタミンB6が豊富な食べ物》
まぐろやかつお、さんま、牛レバー、バナナ、赤ピーマン、さつま芋など

《たんぱく質が豊富な食べ物》
たんぱく質が豊富な食べ物としては、牛肉や鶏肉、豚肉、魚類、大豆をはじめとする豆類、タコやイカ、エビなど

特にビタミンCやβカロテンは緑黄色野菜に豊富に含まれていますので、日ごろからお野菜をたっぷりと摂ることをおすすめします。

9.日常生活でやっていはいけないこと

日常生活の中での何気ないことが知らず知らずのうちに皮脂の過剰な分泌を招いて、毛穴の黒ずみにつながってしまっていることもあります。

その例として挙げられるのが、

・油分や糖分の摂り過ぎ

・刺激のある食べ物、味の濃い食べ物の食べ過ぎ

・添加物の多い食べ物を食べる

・スナック菓子やファーストフードの食べ過ぎ

・睡眠不足

・飲酒のしすぎ、喫煙

・ストレスや体の冷え

などです。

油分や糖分の摂り過ぎ

●余分な油分が代謝されずに皮脂を分泌

脂っこい揚げ物

脂身の多いお肉や揚げ物など、脂っこい食事が多いと、体内で脂質が代謝しきれずに、皮脂が過剰に分泌されてしまうことにつながります。

そのことで、脂性肌に傾いてしまったり、毛穴に皮脂が詰まりやすく、角栓ができやすくなったり、いちご鼻の原因、黒ずみになってしまいます。

糖分の摂り過ぎもまた、皮脂の分泌を多くしてしまうので、注意が必要で、甘いものが好きな方、また、糖質の摂り過ぎもよくありませんので、炭水化物が好きな方も注意が必要ですね。

刺激のある食べ物、味の濃い食べ物の食べ過ぎ

●刺激により皮脂腺が活発化する

刺激の強い唐辛子

例えば、唐辛子やスパイス、香辛料など、辛い食べ物や刺激の強い食べ物を食べることによって、皮膚の皮脂腺が刺激されて、皮脂の分泌が促されることがあります。

そのことで、顔が脂っぽくなったり、毛穴に詰まりやすくなってしまうので注意しましょう。

添加物の多い食べ物を食べる

例えば、インスタント食品やコンビニやスーパーのお弁当、冷凍食品など、添加物が多く含まれる食べ物も注意が必要で、

添加物により、さらに毛穴から皮脂や老廃物が排出されることが多くなってしまい、結果として毛穴を詰まらせ、いちご鼻や角栓につながってしまいます。

スナック菓子やファーストフードの食べ過ぎ

油分の多いスナック菓子

スナック菓子やファーストフードにもまた脂質が多く含まれていて、

特にスナック菓子の油分は古くなったものや低質なものもありますので、より注意が必要です。

睡眠不足

●ターンオーバーを乱し、古い角質や皮脂の排出を妨げる

睡眠不足は肌のターンオーバーを乱すことになり、美容のためによくないのはもちろん、ターンオーバーの乱れによって、古い角質や皮脂が排出されにくくなり、剥がれ落ちにくい肌状態を作ってしまうことになります。

そのことで、毛穴に角質や皮脂が詰まりやすくなり、毛穴の開きにもつながってしまいます。

飲酒のしすぎ、喫煙

喫煙によって、血流が悪くなり、肌の状態も悪化、ターンオーバーの乱れにもつながります。

さらに、喫煙により体内でビタミンCが多く消費されてしまうことになり、また、飲酒によってはビタミンB群が多く消費されてしまいます。

ビタミンCやビタミンB群は毛穴改善のためにも欠かすことのできないビタミンでもありますので、やはり注意が必要でしょう。

ストレスや体の冷え

体の冷えに悩む女性

●自律神経の乱れにもつながる

強いストレスを感じたり、ストレスが蓄積されてしまうことにより体内では自律神経の乱れが生じてしまいます。

そのことによって体の不調につながるのはもちろん、自律神経のうち、交感神経の働きが優位になることも多く、そのことにより男性ホルモンの分泌も促されることになります。

そんな男性ホルモンは皮脂の分泌を促す働きがありますので、その結果として毛穴が詰まりやすくなるようになってしまいます。

体の冷えもまた、自律神経を乱れさせ、さらには、女性の場合には、冷えによって血行が悪くなると女性ホルモンの分泌も乱れさせることになり、

相対的に男性ホルモンの分泌を活発化させてしまいます。そのことによって皮脂も過剰に分泌されてしまうんですね。

10.ピーリングやスクラブ洗顔、綿棒でのケアはどうか?

よく毛穴の改善のためにはピーリングやゴマージュ、綿棒でのケアが効果的とされているのですが、実際にはどうなのでしょう。

ピーリングは?

ピーリングというのは、フルーツ酸などの酸によって、古い角質を溶かして、落としやすくしてくれるケアのことです。

そのために、毛穴の角栓や古い角質、黒ずみなどの除去にも効果的とされているのですが、酸を用いることにより、肌への負担も多少なりともあります。

スクラブ洗顔は?

スクラブ洗顔というのは、粒子の細かなスクラブが配合されている洗顔料により、毛穴の古い角質や皮脂、汚れを掻き出すという洗顔法です。

こちらも、毛穴に効果的と人気で、確かに、スクラブの粒子や質などで汚れの落ち具合は多少異なるものの、毛穴の汚れをすっきりとさせることができるようになっています。

しかし、スクラブの中には塩やナイロンパウダーといった少し刺激の強いものもありますので、やはり注意が必要でしょう。

綿棒でのケアは?

綿棒でのケアも毛穴の改善には効果的と話題になっています。

綿棒で毛穴、角栓、黒ずみを取り除く様子

ケアの仕方としては、オリーブオイルやホホバオイルなどのオイル、あるいはクレンジング料などを綿棒に付けて、

毛穴の黒ずみや角栓が気になる箇所をくるくると転がしたり、なでたりしながら取り除いていくというものです。

こちらは確かにオイルなどが角栓を柔らかくして、落としやすくしてくれるようになっているのですが、やはり肌への刺激が気になります。

綿棒を直接こすることになるので、摩擦によって肌が傷んだり、赤くなったり、色素沈着を起こしてしまうこともあります。

結果どれがいいのか?

●3つの中ではスクラブ洗顔がおすすめ

この3つのケアの中では、肌への負担ということを考えると、スクラブ洗顔がいいようです。

またスクラブの種類についても、できれば、柔らかなこんにゃくが配合されたものや海藻、米ぬかなどの天然素材が配合されているものもありますので、そのようなものがおすすめです。

そして、使用頻度についても、頻繁に行うのではなく、回数を減らし、肌の状態をきちんと確かめながら行うのがいいですね。

ピーリングや綿棒でのケアを行うのであれば、はやり回数を少なくして、特にピーリングの場合は、角質ケアをした後の保湿も大切で、きちんとケアをしてあげるようにしましょう。

11.ケアをしすぎないこと、長期的な目も必要

角栓やざらざらとした毛穴、ポツポツとした毛穴、いちご鼻など、一度気になり始めると、鏡を見るたびに気にしてしまったり、がっかりとしてしまうもので、

何とかしようと、無理やり指で取ったり、肌を傷めてしまう誤ったケアに走ってしまいがちですが、それでは根本的な解決にはなりません。

多少時間はかかっても、肌に優しく、保湿を重視した毎日のスキンケア、ビタミン豊富な緑黄色野菜、良質のたんぱく質などを中心としたバランスの取れた食事、

さらには、不摂生をしない、質のよい十分な睡眠をとるなど、本当に基本的なことなんですが、それらを心がけていくうちに、いつのまにか角栓のできにくい肌、黒ずみやいちご鼻に悩まされないつるんとなめらかな鼻になれるでしょう。

時間がかかってしまったとしても、そちらのほうが、色々なケアを試して失敗したり、毛穴が余計に広がってしまったり、凹凸がひどくなるなど、さらなる肌トラブルを招いたりするよりもよっぽどいいですね。

12.まとめ

いかがでしたか?

今、女性の中でも毛穴の角栓やポツポツとしたいちご鼻に悩まされている方は本当に多くて、やっぱり嫌なものですよね。

でも、基本的には肌に優しいスキンケア、毛穴によくないケアや習慣を見直してみることで必ず改善されてくるものです。

私自身も、毛穴の開きやざらつきに悩まされていて、それでも少しずつ改善されてきています。

やはり毛穴改善も地道で優しく、丁寧なケア、そして、あきらめないことが大切なんですね。

よろしければシェアをお願いします。