香水はどこにつけるのが一番いい?つける量や時間、やってはいけないNGなこと、つけすぎた時の対処法も

 

香水はその人の魅力をアップさせたり、いい印象を与えたり、また、つけているだけでもその香りで気分が上がったり、癒されたりと、

まさに毎日の生活にも必須アイテムで、いつも持ち歩いているといった方も多いでしょう。

そんな香水、使い方によっては効果を高めたり、逆に知らず知らずのうちに効果を下げてしまっていることもあります。

今回はそんな香水の使い方について、つける場所やタイミング、量、逆にやってはいけないことなどを詳しくご紹介してみたいと思います。

1.どこにつけるのがいい?

香水をつける女性

香水は一般的には、脈を打っている場所につけるのがいいとされています。

脈を打っている箇所というのは、皮膚も振動しやすく、ほのかに熱も帯びている箇所であり、

それとともにふんわりと香らせることができるようになっています。

例えば、

・手首
・耳の後ろ
・うなじ
・ひじの内側
・胸

このような箇所が、香水を香らせるためには効果的でしょう。

ただ、耳の後ろやうなじにつけると少し香りすぎるなといった場合には、

例えば、

・ひざの裏
・足首

といった箇所につけてもいいかもしれません。

香水というと上半身につけるというイメージがありますが、香りというのは下から上へと香るものでもあり、

下半身につけることでも、より効果的に香水の香りを感じることができるようになるでしょう。

また、上半身につけるよりもさらにふわっと、控えめに香らせることができるようになりますので、香水があまり好まれないシーンにも向いているといえるでしょう。

2.逆につけてはいけない場所は?

逆に、つけてはいけない場所もあります。

それが、

●脇などの汗をかきやすい場所

です。

特に、脇なんかはにおいが気になる箇所でもあり、つけたくなってしまう箇所でもありますが、

そんな汗と香水とが混ざり合って、香りが変質してしまいます。

脇のにおいを気にする女性

最初はいい香りかもしれませんが、時間が経つとともに、香りが変わって、逆に変な香りを放ってしまうこともあります。

また脇という箇所はデリケートな箇所でもありますので、香水をつけることで肌が荒れたり、かぶれやかゆみの原因にもなってしまうこともありますので、やはり避けるべきですね。

他にも、足の裏や背中なども汗をかきやすいですので、香水はつけないようにしましょう。

脇を含めて、においが気になる場合には、デオドラントや制汗剤などの専用のものを使用するようにしましょう。

●体温の高い場所

体温の高い場所も香水をつけるのには不向きです。

ほんのりと熱を帯びた箇所であれば、自然と香らせることができるのですが、香水は熱によって香りが強くなるとともに、揮発もしやすくなりますので、

体温の高い箇所につけることで揮発しやすくなって、香りが持続しなくなります

そのため体温の高い箇所につけることも避けたほうがいいでしょう。

3.どれくらいつける?いつつける?

では香水はどれくらいつけるのがいいのか、また、つけるならいつつけるのが効果的なのでしょう?

●通常は1箇所に1~2プッシュほど

自然に香らせたい場合には、通常は、体の1箇所に1~2プッシュほどがいいでしょう。

それくらいであれば、ほんのりと自然に香らせることができ、香りがきつくなりすぎることもありません。

なかには、体の色々な箇所につけるという方もいらっしゃいますが、基本的には1箇所で十分で、

多くても2箇所程度にとどめておくのがいいかと思います。

●錬り香水は指でさっとなぞる程度

練り香水

練り香水の場合には、指かスパチュラでとって塗るようにするのですが、その場合にも取りすぎには注意で、

例えば、ハンドクリームのように指ですくうように取るのはやはり取りすぎで、

指で取るのであれば、表面をさっとひとなでする程度で十分でしょう。

そしてそれをやはり1箇所、多くても2箇所に優しく塗りこむようにして、つけるようにします。

●タイミングとしては、一番香らせたい30分前がベスト

香水をつけるタイミングとしては、最もいい香りをさせたい時間の、30分ほど前につけるのがベストでしょう。

香水というのは、一般的には、つけ始めてから、

トップノート→ミドルノート→ラストノート

と香りが変化していきます。

●トップノート…香水をつけた直後の香り

トップノートは最もはっきりとしている香りで、香水に含まれるアルコールも香ってしまうため、香水本来の香りとは多少異なることもあります。

このトップノートはつけてから10分程度続いて、ミドルノートの香りへと変化していきます。

●ミドルノート…香水として最もいい香り

ミドルノートは、香水本来の香りともいえるもので、そのため「ハートノート」とも呼ばれることもあります。

時間としては、香水をつけてから20~30分ほどしてから漂い始めるものが多くなっています。

また香水によっても異なりますが、このミドルノートは3時間程度続くことが多くなっています。

●ラストノート…その名の通り、香水の最後の方に香る香りのこと

>ラストノートは、です。

ミドルノートが終わる頃、3時間ほど経ってから香ることが多く、香水をつけ始めてから12時間程度は続くものが多くなっています。

やはり香水によっても継続時間は異なり、例えば、動物性の香料やウッディ系などは香りが継続しやすく、24時間程度ラストノートが続くものもあります。

●最もいい香りのミドルノートが、つけ始めてから30分程度してから

香水としての魅力を最大限に発揮するのがミドルノートとなっており、

その香りが漂い始めるのが、香水をつけてから20~30分程度となっていることから、

例えば、誰か特別な人と会う、特別なイベントがあるといった場合には、その時間の30分前くらいに香水をつけるのがいいでしょう。

4.正しい香水のつけ方は?

●肌に直接つける

香水をつける場合には、肌に直接つけるようにしましょう。

香水を手首につける様子

香水というのは、人の体温なども関係して、その香りを変化させたり、効果的に香らせることができるようになっていますので、肌へと直接つけるのがベストとされています。

また、洋服へと直接つけてしまうとシミができてしまったり、洋服の中には洗濯しても香りが消えずに残ってしまい、

さらにその上に別の香水をつけてしまうと、香りが混ざってしまって、かえって異臭になってしまうこともあります。

そのため肌へと直接つけるようにしましょう。

●清潔な肌につける

香水をつける場合には、清潔な肌につけることも大切です。

夏場などは特に、朝であってもすでに汗をかいてしまっている場合も多く、その汗と香水が混ざって、香りが変質してしまうこともあります。

前日の香水が残ってしまっているような場合にも、そこへ重ねてつけてしまうことで香りが変わってしまうこともあります。

ですから、できれば体を洗った後につけるのがいいのですが、朝だとそうはいかないことも多いので、汗をかいたなといった場合には、軽く拭き取ってからつけるようにしましょう。

5.つけすぎは“香害”に!

香水をつける上で、やはり気をつけたいのがつけすぎです。

毎日つけていると、その香りに慣れてしまって、自分では気付かないうちに、どんどんつける量が増えてしまうこともあります。

最近では、“香害”や“スメハラ(スメルハラスメント)”といった言葉まであるほどで、香水のつけすぎや柔軟剤などのきつい香りが周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。

香水の香りを自分だけで楽しんだり、デートや合コンといった特別な日だけであればいいのですが、

職場や電車、エレベーターなど、パブリックな場所でのきつすぎは、つけている人の印象を逆に下げてしまうこともありますので、やはり注意が必要ですね。

6.つけすぎてしまったら…?

つけすぎはいけないことはわかっていても、ついつけすぎてしまったということもあります。

そのような場合には、石けんで洗い流すのが一番いいのですが、朝のお出かけ前など、洗っている時間がない時には、

消毒用のアルコールや無水エタノールなどで拭き取ってあげるのもおすすめです。

その際には、コットンやティッシュに含ませて、軽く拭き取るようにしましょう。

消毒用アルコールをコットンに染み込ませる様子

香水というのはアルコールに溶けやすい性質がありますので、さっと拭き取るだけでも香りを緩和させることができます。

さらに手軽な方法として、ウェットティッシュを使うのもいいでしょう。

ウェットティッシュを使う場合には、アルコールなどが配合された除菌用のウェットティッシュを使うようにし、優しく拭き取ってあげるようにします。

ウェットティッシュであれば、携帯用のものもありますし、外出先でつけすぎてしまったといった場合にも簡単に香りを和らげることができるので、便利でしょう。

7.手首をこするのは本当は逆効果?

手首をこすり合わせる様子

香水を手首につけてこすり合わせると何となく、香りをさらに高めることができるような気がしてよくやってしまうと思うのですが、

これにも注意が必要で、皮膚に密着して、香りやすくなることは確かですが、

それと同時に、こすることによってその摩擦熱により香水が変質してしまうことがあります

そうなると本来の香水とは異なる香りとなってしまったり、熱が生じることによって、揮発してしまいやすくもなりますので、香りの持続性がなくなってしまうこともあります。

いわゆる「香りが飛んでしまう」状態となり、香りが続かなくなるんですね。

ですから、トップノートにミドルノート、ラストトートとしっかりと香らせるためには、こすり合わせるのは避けた方がいいといえますね。

8.まとめ

いかがでしたか?

香水は、その人の印象を良くしたり、つけていても、その香りだけで癒されたり、気分を高めてくれたりして、大好きな方も多いでしょう。

でも、そのつけ方、使い方によっては、より効果的に香らせることができる一方で逆効果となってしまうこともあります。

そのなかには意外と一般的にやっていることもあったり、自分では気付いていなくても、つけすぎてしまうことで、知らず知らずのうちに周りに迷惑を掛けてしまっていることもあったりと、

注意しないといけないこともあるんですね。

こちらではそんな香水の効果的なつけ方に、注意すべき点などについてもご紹介してみましたので、香水本来の良さを引き出しながら、香水を活用していくようにしましょう。

よろしければシェアをお願いいたします。