整形しなくても、目を大きく、パッチリ、デカ目にする方法、小さな目改善法も

パッチリと大きな目はいつの時代も女性の憧れで、もともとそんなに大きな目ではなくて、

目に自信のない方の場合、目を大きくする方法は整形しかないと思われている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、整形をしなくても、自分で簡単手軽に目を大きくして、デカ目、目力を高める方法もあるんですね。

今回は、特に女性に身近な目を大きくするメイク法、マッサージや目を大きくするための日常生活までご紹介しています。

1.メイクで目を大きくする

女性にとってメイクはとても身近で、今では目を大きくしてくれるメイクアイテムもたくさんあります。

それを可能にしてくれるのが、

・アイライナー
・アイシャドウ
・マスカラ
・つけまつげ

これらのアイテムです。

どれも定番で、使われている方も多いと思うのですが、ちょっとした一工夫でさらに目を大きく、パッチリとさせることができるようになっています。

さらに、

・涙袋を作る
・目頭切開風メイク

でよりデカ目になる方法もご紹介してみましょう。

2.アイラインで目を大きく

●アイラインはリキッドライナーで

リキッドアイライナー

アイライナーは、目の際に線を引くことによって、くっきりと見せてくれるアイテムとなっています。

その種類にも、最もスタンダードなペンシルタイプのものから、リキッドタイプのもの、ジェルやケーキ、パウダータイプのものまで様々なものがあります。

その中でもおすすめなのがリキッドアイライナーで、

比較的くっきりとしたラインを描くことができて、また、液状なので艶やかな仕上がりになります。

そして、ラインを引く際にも簡単にすっと引くことができるようになっています。

●まつげの隙間を埋めるように、ラインも少し長めに

そのラインの引き方についても、まつげの隙間を埋めるようにして、まぶたの際に沿ってすっと引いていくようにします。

目をより大きく見せるためには、実際の目のラインよりもほんの少しだけ長めに引くのがおすすめです。

アイラインを引いた女性の目

●ブラウンならよりナチュラルに

また、色なんですが、ブラックだとはっきりしすぎてしまう場合には、ブラウンがおすすめです。

より自然なアイラインを演出することができるでしょう。

●ぐるっと一周はNG、目の下は目尻から半分くらいが自然

さらに、目を大きく見せようとして、目の周りを一周ぐるっとラインを引いてしまいがちなんですが、

特に目の下にラインを引いてしまうと、逆に目を小さく見せてしまうこともあります。

また、目の周囲が全て黒っぽい状態だととても不自然で、いかにもメイクっぽく見せてしまいますので、

リキッドライナーでアイラインを引くときは、上のまぶたのラインだけにして、

目の下のラインは、目の真ん中から目尻に掛けて、半分くらいにしておくのが自然ですね。

目の下にアイラインを引いている様子

また、目の下のラインはリキッドではなく、ペンシルやパウダータイプのアイライナーにすることによって、

リキッドよりもはっきりとした線が出ずに、ぼかすことも可能になっていますので、

より自然なアイラインを演出することができるでしょう。

★ラインの太さを変えて、垂れ目風、猫目風にもなれる

さらに、ラインを引く際にも、均一の太さにするのもいいんですが、

目尻にかけて厚めに引いてあげることで垂れ目風な目に仕上げることもできます。

垂れ目風の目のイラスト

また逆に、アイラインを目尻にかけて上方向にキュッと上げるように書いてあげることで、クールな猫目風な目元も作ることができるようになるんですね。

3.アイシャドウで目を大きく

アイシャドウでも目を大きくすることができます。

●色はブラウン系、ベージュ系の組み合わせがおすすめ

ブラウン、ベージュ系のアイシャドウ

目を大きく見せるためには色選びがとても大切で、ブラウン系とベージュ系の組み合わせのアイシャドウがおすすめですね。

濃い目の色を使うことによって、より目元をはっきりと強調することができるようになります。

逆に、ピンクやイエローなどのパステル系のアイシャドウだと、とてもナチュラルなんですが、

全体的に淡い印象になってしまい、目を大きく見せるという意味では向いていないんですね。

●グラデーションで目の印象をはっきりとさせる

そしてアイシャドウを塗る際にも、まずはアイホール全体に薄い色のベージュの方を塗るようにして、

まぶた、目の際には、濃いブラウンを乗せてあげるようにします。

ブラウン系のアイシャドウを乗せた女性

アイシャドウで3色や4色が用意されている場合には、目の際に近づくに連れて濃いグラデーションになるように色を乗せていくようにしましょう。

アイシャドウで目が大きくなった女性

4.マスカラで目を大きく

マスカラもまた、目を大きく見せてくれるとても便利なアイテムです。

豊富で長いまつげというのはそれだけで魅力的で、目元の印象を一段とアップさせてくれます。

ロングマスカラがおすすめ、まつげをより長く、自然さも演出

ロングマスカラ

マスカラにも、ボリュームタイプのものやロングタイプのもの、カールタイプのものなど色んなものがあるのですが、

おすすめなのはロングマスカラです。

ボリュームやカールタイプのものでもいいのですが、使い方次第では派手になってしまいすぎたり、ボリュームが出すぎてしまうこともあります。

その点、ロングマスカラだと、きちんとまつげを長くしてくれて、目もパッチリと大きく見せてくれながら、

仕上がりはとても自然で、ダマにもなりにくくて、使い勝手もいいんですね。

マスカラを付けた女性の目

そして、マスカラをつける際にも、全体的に一気につけるのではなくて、

目頭付近、真ん中付近、目尻の付近と、3箇所ほどに分けて付けていくのがいいですね。

マスカラを付けている様子

また、まつげの根元から立ち上げるように、ブラシを当てて、

まつげに液がきちんとなじむようにマスカラブラシを小刻みに横に揺らしながら、根元から毛先にかけて付けていくようにしましょう。

付けすぎてしまうと、ダマになったり、パンダ目になりやすくなってしまいますので、付けるのはできれば1回だけで、多くても2回までにして、

何度も重ね塗りするというのはあまりおすすめできません。

5.つけまつげで目を大きく

マスカラと同様に、まつげを演出して、目をパッチリとさせてくれるのがつけまつげです。

長すぎ、束感が多いものはNG、自然な長さでも十分にデカ目になれる

つけまつげ

今では本当に色んな付けまつげがあって、どれを選べばいいのか迷うところなのですが、

長すぎたり、束感が豊富なもの過ぎても、盛りすぎてしまい、不自然になってしまいますので、

スタンダードなナチュラルな長さに、束感のものを選ぶのがおすすめです。

★横幅も目の幅に合うようにカット、目尻だけつけるのもOK

また、つけまつげはそのままでつけてもいいのですが、若干長めに作られているもの多く、自分の目のラインの長さに沿ってカットしたり、

さらに、つけまつげによって、自分のまつげが抜けてしまったり、目の際にのりをつけたりするのに抵抗があるといった方は、

つけまつげの目尻の部分だけをカットして、目尻にだけつけてみるのもいいですね。

それだけでも目元の印象を変えることができます。

つけまつげで垂れ目風になった女性の目

6.涙袋で目を大きく

ぷっくり涙袋で、よりかわいく、目に立体感も

涙袋があるだけで、目元の印象が変わりますし、可愛くなることはもちろんなんですが、

目元に立体感がが出て、目自体を大きく見せてくれることになります。

涙袋のある女性

元々涙袋がある方はいいのですが、そうでない方は涙袋をメイクで作ることもできるんですね。

その方法が…

①まずは、ホワイト系やパール系の、アイライナー、もしくはアイシャドウで目の下に線を引いて、明るくします。

目の下にハイライトを入れている様子

線がはっきりと出すぎてしまう場合には、チップや綿棒などでなじませて、自然にぼかしてあげます。

②そしてその下に、ブラウン系のアイライナーやアイシャドウで影になるように線を引いてあげるようにします。

涙袋の影を作っている様子

その際にも、線がはっきりとしないよう、チップや綿棒などでぼかして、自然なラインになるようにします。

このブラウンは、涙袋によってできた影になりますから、そのようなイメージで、少し細めにラインも残しながらぼかしてあげるのがコツですね。

涙袋の幅も広すぎると不自然になってしまいますので、鏡でしっかりと確かめながら、また、ハイライト部分の色も、白くなりすぎないように気をつけましょう。

目頭切開メイク?

整形手術の施術方法で目頭切開というものがあります。

これは、目頭の部分を少し切開することによって、目を大きくするものなのですが、そんな目頭切開もメイクで再現することができます。

その方法もとても簡単で、まさに目頭の部分にアイライナーで少しラインを引いてあげるだけなんですね。

目頭切開風メイクをする様子

ラインといっても、長くなると変になるので、1ミリ程度のちょっとしたラインでいいんですね。

アイラインを引く際のついでに、簡単にできてしまいますし、これだけでも目を大きく見せることができます。

アイメイクだけでこんなにも目の印象が変わる

こちらがアイメイク前とアイメイク後の比較です。

アイメイク前とアイメイク後の比較

こんなにも目元の印象がメイクだけで変わるんですね。

7.マッサージで目を大きく

目の回りの血流が悪かったり、むくんでいたり、あるいは、脂肪がついていたり、はれぼったくなってしまっている人は、それだけで目が小さくなってしまいます。

そんな時に、血行を良くしてくれるマッサージや、目の周りの筋肉を鍛えるエクササイズ、ツボ押しなども目を大きくするのには有効でしょう。

目をパッチリさせる簡単マッサージ

①まずは上まぶたをマッサージ

人差し指、中指、薬指の3本の指の腹を使って、目を閉じた状態で、

眉の下辺りを、眉頭から眉尻にかけて

軽くプッシュするように、優しくスライドさせます。

※注意:まぶたの上は、デリケートですので押さえないようにしましょう。

②次に、目の下のマッサージ

同様に、人差し指、中指、薬指の3本の指の腹を使って、

目頭から目尻にかけて、目の下の部分を優しくプッシュするようにスライドさせます。

③おでこを引き上げるマッサージ

こちらも、人差し指、中指、薬指の3本の指の腹を使って、

おでこを少し持ち上げるように、上方向へ優しく力を加えながら

内側から外側へと、優しくプッシュするようにスライドさせます。

※マッサージをする際には、肌へと摩擦を与えてしまいますので、指をそのまますべらせるのではなく、優しくプッシュするように押さえながら行うことをおすすめします。

肌への摩擦や刺激が気になる場合には、乳液やマッサージクリームなど使用されることをおすすめします。

★リンパの流れを良くするとさらに効果的

さらに、こめかみの部分にはリンパ腺がありますので、その部分を優しく押してあげると

リンパの流れがよくなって、さらに目元をすっきりとさせることができます。

★フェイスラインをすっきりさせるとさらに効果的

あごの下から耳の下にかけて、下から上へ引き上げるように指をスライドさせてマッサージしてあげましょう。

フェイスラインをしゅっと、すっきりとさせることによって、より目の大きさが際立って、大きく見せることができますので、効果的なんですね

8.目の周りの筋肉エクササイズで目を大きく

●筋肉が鍛えられると、目が開きやすくなる

エクササイズにより、目の周りの血行を良くしたり、むくみの解消、目の周りの脂肪の解消、たるみの解消といった効果はもちろん、

さらには、普段の生活では鍛えにくいような目の周りの筋肉もエクササイズすることができてるようになっています。

そのことによって、自然とまぶたを持ち上げる力も高まり、目を大きく保つことができるようになるでしょう。

そのエクササイズ法がこちら、

★ウィンクエクササイズ

①左目をキュッとウィンクします

②右目をキュッとウィンクします

③数回交互に繰り返す

★両目エクササイズ

①両目をキュッと閉じて、そのままで10秒ほどキープ

②目をぱっと大きく見開いてそのままで10秒ほどキープ

③それを数回繰り返す

★眼球エクササイズ

①左、右、上、下と見るように、ゆっくりと眼球を動かす

②時計回りに、円を描くようにゆっくりと眼球を動かす

③反対に、反時計回りに、円を描くようにゆっくりと眼球を動かす

④それを数回繰り返す

※エクササイズはゆっくりと無理のない範囲で行いましょう。

※目が疲れている時や目が充血している時などは、悪化させてしまうこともありますので、控えるようにしてください。

9.ツボ押しで目を大きく

ツボ押しをすることも、血行促進効果やむくみ、腫れの改善に効果的となっています。

その方法としては、

①両目の目頭の部分にある「清明」(画像の①の部分)を、人差し指で軽く押す

※この部分には、目を小さくみせてしまう「蒙古ひだ」があり、そこを刺激することができるようになります。

②両目の目尻の「瞳子髎(どうしりょう)」(画像の③の部分)を、人差し指で優しく押す

③目の下の、真ん中あたりの「承泣(しょうきゅう)」(画像の②の部分)という部分を人差し指で優しく押す

④両方の眉の真ん中辺りにある「魚腰(ぎょよう)」を少し持ち上げるようにしながら、優しく押す

簡単に言えば、

目頭の少し下→目尻→目の下の真ん中→眉毛の真ん中を押していくことになります

その部分にはそれぞれ、目の周りの血行を良くしてくれたり、代謝を促してくれるツボがありますので効果的なんですね。

また、目をすっきりとさせ、目の疲れを改善させるのにも効果的です。

※ツボを押す際には優しい力で行うようにし、無理に押さないようにしてください。

他にもホットタオルやホットアイマスクなどで目の周りの血流を良くしても効果的でしょう。

10.カラコン、ディファインコンタクトをつける

●黒目が大きくなると、目も大きく見える

瞳の色を変えるのはもちろんですが、瞳の大きさを一回り大きく見せてくれるカラーコンタクト

瞳の輪郭をはっきりとさせてくれるディファインコンタクトもあります。

装着するだけで一回り瞳を大きく、くっきりとさせてくれるようになっていて、

瞳が大きいだけで、はっきりとした目元の印象が保たれ、大きく見せることができます。

ディファインコンタクトを装着する前と後の比較
(出典:ワンデーアキュビューディファイン)

最近では、輪郭が大きすぎなかったり、輪郭がはっきりとしすぎていないので、

付けていることもわからないようなナチュラルなものもあります。そのようなものもおすすめですね。

※コンタクトは医療用品でもありますので、使用する際には必ず使用上の注意を守り、眼科医の検査を受けてから使用されることをおすすめします。

11.アイプチやアイテープで目を大きく

アイプチのパッケージ
(出典:オペラアイプチ)

一重まぶたの方であればアイプチやアイテープを使用することによって手術をしなくても、自分で二重まぶたを作ることができるようになっています。

そして、二重まぶたになることによってすぐに目元の印象をより魅力的に高めることができるようになっているんですね。

アイプチとは…

アイプチというのは、まぶたの部分にアイプチ(のり)をつけて、その部分を専用のプレッシャーで癖付けをしてあげることによって、人工的に二重まぶたを作るというものです。

アイテープとは…

アイテープを使用する様子

アイテープは、テープをまぶたに沿って貼ることによって、まぶたに癖付けをして二重まぶたを作るものとなっています。

どちらも、一重まぶたの方はもちろん、奥二重の方にも、はっきりとした二重まぶたを作ることができるということで人気の高いものとなっています。

さらに、もとは一重まぶたの方でも、使用を続けることにより癖付けがされて、

アイプチやアイテープを使用しなくても、二重まぶたが定着するといった方もいらっしゃるようです。

ただ、まぶたは他の箇所と比べても皮膚がとても薄く、デリケートな箇所となっており、そこへ直接のりをつけたり、テープを貼り付けたりすることになりますので、それなりの肌への負担があることも確かで、

使用する際には、必ず使用上の注意をしっかりと守って適切に使用するようにしましょう。

12.目をすっきりさせるアントシアニン豊富なブルーベリーを摂る

●瞳の健やかさ、眼精疲労回復ですっきりとした目元に

アントシアニン豊富なブルーベリー

アントシアニンは紫色をした色素成分のことで、人の目の網膜の毛細血管を保護したり、血液の循環を促したり、

また、角膜や水晶体のコラーゲンの生成を助けるといった働きがあるものでもあります。

そのために瞳の健やかさや視力の改善といった効果が期待できるもので、

さらに、眼精疲労の回復にも効果的となっています。

そのことによって、目を楽にしてくれるようになっていて、瞳をすっきりとさせたり、パッチリとした瞳のためにも効果的となっているんすね。

アントシアニンは、ブルーベリーやビルベリー、カシスやブドウなどにも含まれています。

そのような食べ物から十分の摂れない場合にはサプリメントなどで補給するのもいいでしょう。

13.目を小さくしてしまう習慣についても知っておこう

日常生活で何気なく行っていることで、知らず知らずのうちに目を小さくしてしまっていることもあります。

例えばそれには、

・度の合っていない眼鏡やコンタクトレンズを使用する
・コンタクトレンズと長時間装着する
・目を酷使する
・目をこする

といったことが挙げられます。

●度の合っていない眼鏡やコンタクトレンズを使用する

度の合っていない眼鏡を使用して、目が疲れる女性

度の合っていない眼鏡やコンタクトを使用することによって、どうしても目に過度の負担がかかってしまうことになります。

特に眼鏡などは日常的に使用するものでもありますから、装着している時間も長く、それだけ目に対する負担も重くなります。

そして目が疲れることによって、目の周りの筋肉が凝り固まってしまったり、

血流も悪くなって、目のたるみやむくみの原因にもなり、目を小さくしてしまうことにもつながることがあります。

●コンタクトレンズを長時間装着する

コンタクトレンズを長い時間装着し続けることによっても、目が疲れやすくなってしまいます。

度が合っていない場合と同じ理由で、そのような眼精疲労から、目がむくんだり、たるんだりしてしまうこともあります。

●目を酷使する

仕事やプライベートでも、最近ではパソコンやスマートフォンなどを長時間使用する機会も多く、

そのことによって目を酷使してしまっている方も多くいらっしゃるでしょう。

やはり、そのことで目が疲れやすくなり、筋肉が凝り固まって、血行不良となり、むくみやたるみなど、目を小さくしてしまう要因となり得ます。

仕事中、プライベートでも、適度に目を休ませる習慣をつけるようにしましょう。

●目をこする

目をこする女性

目をこすることによって、ミュラー筋という筋肉が切れてしまったり、伸びてしまうことがあります。

このミュラー筋肉というには、上まぶたを引き上げる際に用いられる筋肉のことで、まぶたを開くのに欠かすことのできない筋肉です。

それが目をこすることで切れたり、伸びたりすることがあり、目が開きにくくなったり、目を小さくしてしまう要因にもなってしまいます。

特に、目が疲れていたり、眠気を感じた時などに目をこすってしまうといった癖のある方は注意が必要でしょう。

他にも、

・睡眠不足
・運動不足
・アルコールの摂りすぎ
・偏った食生活

などにも注意が必要です。

これらは、体の血流を悪くしたり、体内バランスを崩してしまう行為でもありますので、

まぶた周辺の血流も悪くして、目のむくみやたるみにもつながり、結果として目を小さくしてしまう要因となってしまうんですね。

14.まとめ

いかがでしたか?

パッチリとした大きな目は印象的で、それだけで顔全体の印象がぱっと華やかになりますし、特に女性にとっては、自信にもつながります。

でも、目を大きくするためにはやっぱり整形が必要で、大変だとあきらめている方もいらっしゃるかもしれません。

そんなことはなくて、メイクでも、目の周りの筋肉を鍛えたり、さらに、ちょっとした日常生活の心がけでも十分に目を大きくすることは可能で、

そちらの方が気軽に、また安心して、毎日実践できるものでもあったんですね。

よろしければシェアをお願いいたします。